選手紹介

やんばる将軍

マサ 佐藤

masa sato

所属:名護ムエタイスクール

1987年8月21日生  東京都出身  AB型

身長172cm  ライト級

35戦21勝(11KO)11敗3分

  • 英雄伝説64kg級アジア王者
  • 西日本統一ライト級王者
  • 蹴拳ムエタイライト級王者
  • DBSライト級王者
  • 元RKAライト級王者
  • Q:特技はなんですか?
    A:マリンスポーツ

    Q:休日の過ごし方
    A:バーベキューをしたり、ゆっくり過ごす

    Q:最近ハマっていること
    A:キャンプグッズを買うこと

    Q:今ほしいもの
    A:バイク

    Q:好きな音楽
    A:ROCK

    Q:苦手なもの・こと
    A:チームワーク

    Q:愛用している物
    A:アルプロン・BANDEL・ONE SHOT DOWN用品

    Q:好きな本・漫画
    A:軍鶏

    Q:よく行く場所
    A:海

    最後にファンの皆様へ
    沖縄から呼んでもらったチャンスをものにして、面白い試合をするんで応援お願いします!!
  • マサ 佐藤
  • マサ 佐藤

東京の下町出身ながら幼少時より沖縄を第二の故郷として往復し、高校卒業と同時に移住、名護に居を定めるオキナワンファイターが“やんばる将軍”マサ佐藤である。ちなみに「やんばる(山原)」とは、沖縄北部を指す方言。

空手道を下地に武骨でパワフルな攻撃型の実力者として関係者間に知られていた佐藤は、これまで西日本やRKAのタイトルを獲得する二冠王だったが、2016年8月20日から中国全土で一斉に開始された英雄伝説アジアチャンピオントーナメントで中泰日の強豪選手16名を相手に4度勝ち抜き堂々たるアジア王者となり一気に名を上げた。特に決勝戦の崔建辉(ツイ・ジェンフイ)戦のKO劇は圧巻だった。初回、中国人観衆の大声援を一身に背負った崔は猛然と佐藤に襲いかかりラッシュの波状攻撃でダウン寸前まで追い込む。続く第2ラウンドも同様に勢いの増した崔が止めを刺そうと前に出た刹那、佐藤渾身のローキックが膝関節の内側に直撃。一発で逆転の大ダメージを食らわせた佐藤は悲鳴のような嬌声の中、地元の雄をマットに昏倒させた。

そして、2018年2月12日、KNOCK OUT初参戦でスーパーライト級トーナメントに抜擢。相手は、優勝候補の一角“ボルケーノ”水落洋祐。序盤、水落の強打が幾度もヒットしKO負けは必至かと思われながら、足を止めての猛烈な打ち合いとなり場内を総立ちにさせ、縦ヒジ打ち一閃で大流血の裂傷を負わせ大逆転のTKO勝利。

続く6月8日、トーナメント準決勝では、“太陽戦士”秀樹に逆に肘で深々と切り刻まれ4ラウンドTKO負けを喫した。

選手情報

Fighter’s Info

試合動画

LEQUIO BATTLE名護 Vol 2 メインエベント マサ佐藤 VS トック タック トップキング

英雄伝説64kg級16人トーナメント決勝戦(タイトル戦) マサ佐藤 vs 崔建辉

過去5戦績