選手紹介

NINJA SOLDIER

宮越 慶二郎

Keijiro Miyakoshi

所属:拳粋会宮越道場

1990年1月28日生  埼玉県所沢市出身  型

身長170cm  ライト級

33戦23勝(6KO)9敗1分1無効試合

  • WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者
  • WBCムエタイ日本統一ライト級王者
  • 元NJKFライト級王者
  • 宮越 慶二郎
  • 宮越 慶二郎
  • 宮越 慶二郎

2008年にプロデビュー。2010年、デビュー9戦目にNJKFライト級王座決定戦に抜擢されるも、一輝を相手に5R戦い、接戦の末スプリットで判定負け。王座獲得を逃すも、2011年に再び一輝とタイトルマッチで再戦。リベンジを果たし、初のベルトを獲得。

その後、黒田アキヒロ、卜部功也などの強豪選手に勝利し、2013年にWBCムエタイ日本ライト級タイトルマッチで王者の水落洋祐に挑戦。見事判定勝利を挙げ、2本目のベルトを獲得。2014年には高橋幸光とタイトル防衛戦を行い、初防衛に成功した。

NJKFを主戦場とし、国内の数多くの団体のリングで結果を残す傍ら、近年は海外の試合にも数多く出場。2016年に出場した中国のクンルンファイトでは、かつて梅野源治に勝利したことでも知られるチョン・ヒョン・リーを相手に戦い、延長の末判定勝利を挙げた。

現在はそのチョン・ヒョン・リーを含め、K-1MAX王者ブアカーオの弟子としても知られる、タイの強豪ナルト・バンチャメーク。NJKFの看板選手である羅紗陀など、強豪選手を相手に3連勝中。勢いそのままにKNOCK OUTで頂点を狙う。

小野寺’s Eye

ニュージャパンキックボクシング連盟の看板選手がいよいよ登場。前後左右へと小刻みに動くステップで相手を翻弄。そこからタイミング良く技を繰り出す。かと思えば被弾覚悟で前へ出て倒しに行くことも。これは対戦相手に取っては厄介極まりない。自分の距離、タイミング、テンポ。全てを支配する忍者の動きに注目だ

選手情報

Fighter’s Info

過去5戦績