選手紹介

神童

那須川 天心

Tenshin Nasukawa

所属:TARGET

1998年8月18日生  千葉県出身  B型

身長162cm  スーパーバンタム級

19戦19勝(15KO)

  • 現ISKAオリエンタル世界バンタム級王者
  • 現RISEバンタム級王者
  • 那須川 天心
  • 那須川 天心
  • 那須川 天心
  • 那須川 天心
  • 那須川 天心

幼少から空手を始め、小学生6年生の頃キックボクシングに転向。アマチュアで105戦99勝5敗1分の好成績を挙げた。中学校を卒業すると同時に所属ジムのTARGETからRISEでプロデビュー。アマチュアの実績が評価され、RISEバンタム級ランカーの選手という、デビュー戦では異例の強敵と対戦。1R58秒でKO勝利という圧巻のデビューを飾った。
その後、無敗の連勝を重ね、わずか6戦目、若干16歳でRISEバンタム級挑戦者に抜擢。王者の村越優汰から、計4度のダウンを奪う圧勝劇でRISE史上最年少の王者に輝いた。RISE王者獲得の3か月後には、国内のキックプロモーションが合同で開催したビッグイベントBLADEに出場。国内トップ選手が集結したトーナメントを戦い、3試合全KOという驚愕のパフォーマンスでセンセーションを巻き起こした。
トーナメント優勝後は、強豪外国人選手にターゲットを絞り、海外でタイトルを持つ選手と連戦。苦戦するシーンもなく連勝を続けると、2016年3月にISKA世界バンタム級王者決定戦に出場し、ISKAバンタム級4位フレッド・コルデイロに勝利。17歳で歴史が長く権威の高いISKA世界王者を獲得した。
2016年9月には、RISEバンタム級タイトルマッチを前王者村越優汰と争い、5R判定勝利。バンタム級王者の初防衛に成功した。

12月5日のKNOCK OUTではヒジありルールに初挑戦。那須川のスーパーバンタム級は、”世界最強の格闘技”の呼び声高いムエタイで、最も層の厚い階級と言われる。果たしてムエタイの本場タイの最前線で戦うムエタイ戦士と、”神童”と評される那須川天心がキックボクシングで対戦したとき何が起こるのか。大いに注目したい!

小野寺’s Eye

神童。これ以外に那須川を表す言葉は見つからない。
小学生時代からその名を全国に轟かせてはいたが、プロデビュー後、ここまで早くトップに登りつめるとは誰が想像したか。ライトニングレフトと呼ばれる左のパンチはもちろん、スピーディーかつ威力十分のミドルキック。一撃必倒、三日月蹴り。そして天才的なディフェンス能力。
もう既に完成されていると言っても過言ではない那須川だが、まだ高校生。既に世界レベルの高校生が、今後どのように成長して行くのか。可能性は測りし得ない。

選手情報

Fighter’s Info

過去5戦績