選手紹介

全身凶器の怪物くん

鈴木 博昭

Hiroaki Suzuki

所属:ストライキングジムAres

1984年12月6日生  愛知県出身  A型

身長167cm  スーパーライト級

53戦40勝(17KO)11敗1分1無効試合

  • SB世界スーパーライト級王者
  • SB日本スーパーライト級王者
  • 初代SB日本ライト級王者
  • S-cup2014 65kg世界王者
  • S-cup2013 65kg日本王者
  • 特技:肉の目利き
    休日:ゆっくりまったり
    趣味:ギター
    ハマってること:いわし料理
    好きな音楽:ロック系・10‐FEET
    愛用しているもの:S-cupRING・ベラフォンタニス・ファインラボのサプリメント
    苦手なこと:後片付け
    好きなマンガ:リクドウ 修羅の門 バチバチ 将太の寿司 dancyu
    よく行く場所:接骨院
    よく行く場所:こだわり素材のスーパー
    ファンの皆様へ:全身全霊の闘いを見てください!そして楽しんでください!
  • 入場曲:hammer ska/10‐FEET
  • 鈴木 博昭
  • 鈴木 博昭
  • 鈴木 博昭
  • 鈴木 博昭
  • 鈴木 博昭

シュートボクシングの日本人エースとして活躍してきた鈴木博昭。

外国人選手を相手にしても当たり負けしない強靭なフィジカルを武器に、シュートボクシングの世界トーナメントで優勝。

2017年4月8日、シュートボクシングでヒジありルールで山口裕人と対戦し、相手の攻撃を硬いガードでシャットダウンしヒジ打ちで衝撃のKO勝利。

試合後にはリング上でマイクを握りKNOCK OUT参戦をアピールしていた。

そして、2017年10月4日、待望のKNOCK OUT初参戦。相手は“ボルケーノ”水落洋祐。ここで鈴木は、KNOCK OUT屈指の名勝負を繰り広げるが、最終回5R、激しく昏倒するKO負けを喫する。

そこから捲土重来の初代スーパーライト級王座決定トーナメントエントリー。2018年4月14日、相手は、同じ地元の強豪“尾張の闘将”大石駿介。序盤、ムエタイテクニックに勝る大石にリードされつつ、4R、大石のヒジで斬り裂かれ大出血した刹那、起死回生の左ハイキックで衝撃KO勝利。SB看板王者の底力を見せつけた。

続く2018年6月8日の準決勝、“WONDER BIRD”不可思戦は、序盤中盤、技巧で封じられ、終盤から猛アタックをかけて追撃したが、試合終了直前にダウンを喫し判定負けを喫してしまった。

試合モードの尋常ならざる集中力とスーパーマッスルをフル稼働させるアグレッシブファイトには、勝敗を超えた魅力がある。

選手情報

Fighter’s Info

試合動画

2014.11.30 SB鈴木博昭vsザカリア・ゾウガリー

2013.11.16 SB鈴木博昭vsモハン・ドラゴン

2017.6.16【SHOOT BOXING 2017 act.3】~鈴木博昭 vs 海人~ Trailer

2017.4.8【SHOOT BOXING 2017 act.2】~鈴木博昭 vs 山口裕人~ Trailer

過去5戦績

次回試合