”SPEED ACTOR”小笠原瑛作インタビューvol.2 交友関係は大人ばかりだった!?少年時代の楽しみとは?

インタビュー

”SPEED ACTOR”小笠原瑛作インタビューvol.2 交友関係は大人ばかりだった!?少年時代の楽しみとは?

12月5日TOKYO DOME CITY HALLで開催の「KNOCK OUT vol.0」。”THE CYCLONE”宮元啓介との対戦が決定した、”SPEED ACTOR”小笠原瑛作のインタビューPart.2を公開!驚異のスピードを武器に、55㎏級でトップクラスのキックボクサーとして活躍する傍ら、美大に通い演技を学び、将来は俳優を目指すという小笠原。Youtubeに動画を公開していた小笠原はどんな子供だったのかを探っていきます。

関連記事(前回)
元祖Youtuber!?小笠原瑛作の意外な過去とは?インタビューを公開!

大人の世界で忙しくすることが楽しかった子供時代

-子供の頃に人前に立つ喜びを覚えたという小笠原選手ですが、どんな子供時代を送っていたんですか?

小笠原:「同年代の友達と遊ぶことが少ない子供時代を送ってました。まったく遊ばないって訳じゃなく、友達もちゃんといたんですが、阿波踊りや、和太鼓の習い事で、年の離れた大人と関わることが全然多かったです。」

-キックボクシングも小学生の頃からですよね。

「そうですね。ジムには会長がいて、先輩がいて。土日なんかは、セコンドでいろいろなところに連れて行って貰ってました。それで、先輩が試合に出るときに、入場でリングのロープをまたぎやすいように、リングロープを下げたりして。そして、先輩が試合に勝ったらリング上に上がって一緒に喜ぶんですけど、そこで肩に乗せて貰ってリングを回ったり、それが凄く楽しかったですね。子供ながらに、大人の世界に入ってるようで、忙しい日々を過ごすのが好きでした。」

小笠原瑛作

-凄い充実した少年時代だったんですね。キックボクシングや太鼓の練習の後はなにをしてたんですか?

「母親が吉祥寺で長くスナックをやってるんですが、そこに毎日練習が終わったら寄ってました。そこでもスナックのお客さんに凄く可愛がって貰って。ほんとに小さい頃から大人とコミニケーションをとる機会が多かったですね。今ではそのお客さんが『あんなに小さかったのに、今はキックボクサーになってリングで戦ってるんだもんな』って言って、スポンサーになってくれたり。凄く応援して貰ってます。

-ホントに子供の頃から大人とのコミニケーションが多かったと。小笠原選手の物怖じしない性格の一端を知った気がします。今も昔もかなり忙しい日々を過ごされてるようですが、休みの日は何かされてますか?

小笠原:「平日はずっと学校とジムの往復です。休みの日は基本的に日曜日なんですが、太鼓の練習が毎週入っていて。アマチュア大会のセコンドとか、練習仲間の試合もあったりと、完全に休みの日は本当に少ないです。まあ、本当に何もない日は葉山の海まで行ってます。」

-神奈川県の海ですか?

小笠原:「はい。母親が今は葉山でタイ料理店をやっていて、それで海を眺めて、タイ料理を食べてってことをやってます。あまり休みがないので、いつも行ってるわけじゃないですけど。」

自分のキャラクターを確立したい

-小笠原選手は平日は学校で演技を習っているということですが、そちらの手ごたえは?

小笠原:「最初は戸惑ったところもありました。周りはみんな演技に真剣で、子供の頃からやってて、○○のドラマに出たとか。熱量が凄くて温度差を感じました。でも、演技はキャラも大事だと思うんですよ。学校の先生もおっしゃってたんですよ。『演技は教えられるものじゃない』って。売れてる俳優を見ても、キャラが強い人が多い。自分の学校でも面白いやつはいっぱいいますし。自分もそこを目指したいです。」

小笠原瑛作

-キックボクシングを始めとした、スポーツ全般と通じる部分だと思います。実力は当然必要なんだけど、人気選手になろうと思ったらキャラクターって必要になりますから。

小笠原:「かもしれないですね。自分の中では、格闘技での自分のキャラクターがまだ固まっていないという部分があって、そこを固めていきたいという思いはあるあります。」

小笠原瑛作は、12.5「KNOCK OUT vol.0」で宮元啓介と対戦。「小笠原選手はスピードはあるけど、それだけの選手だと思ってるので、そこさえ気を付ければ問題ないと思ってます。」とコメントする宮元に対し、小笠原も「今回は全力で倒しにいく。3R以内に必ず倒します。」と、お互いに火花を散らす。”神童”那須川天心との対戦を望む、55㎏級日本人トップ選手同士の潰し合いに、ぜひご期待ください!

宮元啓介vs小笠原瑛作

 

「KNOCK OUT vol.0」12月5日(月)会場18:00 開始19:00
会場:TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ:
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1646550
イベント詳細http://www.knockout.co.jp/event/161205/