「KNOCK OUT vol.1」”ニューウェーブサウスポー”波賀宙也インタビュー「小笠原はスタミナがないので中盤からはずっと僕のペース」

インタビュー

「KNOCK OUT vol.1」”ニューウェーブサウスポー”波賀宙也インタビュー「小笠原はスタミナがないので中盤からはずっと僕のペース」

2月12日(日)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.1」。”SPEED ACTOR”小笠原瑛作との対戦が決定した、”ニューウェーブサウスポー”波賀宙也のインタビューを公開!

海外でも活躍する国際派ファイター!

-まずは波賀選手はなぜキックボクシングに興味を持たれたんでしょうか?

波賀「始めはいとこがキックボクシングをやっていたからですね。ずっとサッカーをやっていて、実際にキックボクシングをやるってことはなかったんですけど、大学に入る18歳の頃に、大学でも何かスポーツをやりたいなって。先にいとこの影響で兄が今のジムに入っていたので、自分もやってみようと始めました。」

-いつ頃からプロでやろうと思うようになられたんですか?

波賀「最初はまったく考えてなかったんですけど、やってみたらこれはいけるなって。それで試合に出始めて、気づいたらここまで来てました。」

-海外での試合経験も多いそうですね。

波賀「非公式の試合も含めて、タイで結構試合をしています。ラジャダムナンやルンピニーでも試合をしていて、ルンピニーでは勝ったんですが、ラジャダムナンでは負けちゃいました。去年の年末は香港でも試合をしました。」

-香港での試合は海外のベルトのタイトルマッチだったと聞きました。

波賀「僕もよくわからないんですけど、IPCCっていう団体の60kg級のインターコンチネンタル・・・っていうベルトだったみたいです(笑)。普段の体重が重いので、少し減量する必要があったんですが、食文化の違いで、いつも日本で試合をする55kgよりも大変でした。この体重は日本じゃないと作れないです。」

-波賀選手はNJKFを主戦場とし、タイの強豪選手に勝利したり、結果を残しています。しかし、今まで小笠原選手や那須川選手といった、他プロモーションの国内トップ選手との絡みはありませんでした。試合はしないまでも、意識する部分はありましたか?

2017年はターニングポイント

波賀「実は誰かと試合したいって気持ちは今まで全くありませんでした。試合が決まったらその相手には負けたくないなって感じです。今回の小笠原選手に勝って、次は那須川選手と試合したいって感じでもないです。まあ、でも大きいチャンスを頂いたので、2017年はKNOCK OUTにすべてを捧ぐ気持ちで戦いたい。」

-今回の試合に賭ける気持ちは大きいようですね。

波賀「そうですね。正直2017年のキックボクシングの目標を見つけられていなかったところに、KNOCK OUTからいい話を頂いたので。もう対戦相手も聞かずにオファーはすべてOKしました。」

-KNOCK OUTには初参戦となり、この試合で初めて波賀選手の試合を見るというお客様もいると思いますので、波賀選手がどんなタイプの選手なのかの紹介をお願いします。

波賀「僕は首相撲が得意で、首相撲があるKNOCK OUTではそこの強さを見せていきたい。あとミドルキックが得意で、対戦相手との距離感を考えて戦い、いかに相手を完封するかを目標に戦っています。」

波賀宙也

小笠原はスタミナがないので中盤からは自分のペース

-小笠原選手との試合はどのような試合になるとお考えですか?

波賀「小笠原選手は確かにスピードはあるんですが、スタミナがないなっていう印象です。1R目が一番良くて、2,3,4Rと次第に動きが悪くなっていく。なので1Rを凌いじゃえばあとはずっと自分のペース。自分の距離でさえ戦えれば相手のスピードなんてどうとでもなる。小笠原選手もそこにパンチとかで入ってきたりすると思うので、そこをどう入らせないで、いかに自分の距離をキープするのがポイントになると思います。」

-小笠原選手との試合での自信の程は?

波賀「やると決めた試合で自信のない試合なんてないですよ。いろいろな武器を使って戦えるように準備をしています。最近はタイ人選手も気持ちが強い選手が減っているので、日本人選手との対戦のほうが気合いが入ります。」

-KNOCK OUTで対戦したい選手は?

波賀「前までは宮元啓介選手とやりたかったけど、小笠原選手に去年負けちゃったし、小笠原選手に勝ったらもうやる意味もないのかなって思ってます。もう次元の違うところまで行きたいですね。体重さえ合えば誰とでも戦います。」

-初参戦となるKNOCK OUTではどのような試合を見せたいですか。

「ただの殴り合いじゃなく、技術の攻防戦を見せれればいいかなって思ってます。相手のスピードが速いので、逆にそのスピードを使ってカウンターを狙うだとか、高度な技術戦を見せたい。正直、僕はKOの多い選手ではないです。倒しに行って倒されるリスクが増えるんなら、自分からは倒しにいきたくないと思ってます。痛いですし。でもどこかで小笠原選手効いちゃったら、そこで仕留めたいなって思ってます。」

国際結婚故の苦労も?

-そういえば、波賀選手は国際結婚をされていて、奥さんはタイ人だと聞きました。どこで出会ったんですか?

波賀「タイで試合をするときに、僕の試合を見にきてくれたのがきっかけですね(笑)。」

波賀宙也

-凄く応援してくれそうですね。

波賀「それが、試合をするのを本当は辞めて欲しいみたいです。結婚するときにタイ人だからもっと応援してくれるかなって思ってたんですが、意外とそうでもなかった。やっぱり旦那が危ないことしてるのが心配みたいです。まあ、試合が決まったら応援はしてくれますが。」

-夫婦仲はいいんですよね?

波賀「そうですね。まあ、いろいろと喧嘩はありますけど・・・試合前は如何に嫁と喧嘩をしないで、ストレスを貯めないようにするか。そこの戦いもすでに始まっています。」

-そんなこと出しちゃって大丈夫なんですか?

波賀「感情の起伏が激しいのは大変ですけど、試合には応援に来てくれて、勝ったら凄い喜んでくれるので大丈夫です。でもあいつの方が強いから・・・」

抜群のテクニックを武器に、タレント揃いの軽量級に新風を巻き起こす”ニューウェーブサウスポー”波賀宙也が、打倒那須川天心に燃える”SPEED ACTOR”小笠原瑛作と激突!2.12「KNOCK OUT vol.1」のチケットは好評発売中です!ぜひKNOCK OUTで繰り広げられる熱い戦いを、ぜひ会場でご観戦ください!

小笠原瑛作vs波賀宙也

KNOCK OUT vol.1
日時 2017年2月12日(日)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館

チケットぴあ
https://goo.gl/uNwlyA
ローソンチケット
https://goo.gl/c8jPvd

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-1/