「KNOCK OUT vol.1」那須川天心インタビュー「今年は挑戦の一年!」知られざるプライベートでの目標も公開!

インタビュー

「KNOCK OUT vol.1」那須川天心インタビュー「今年は挑戦の一年!」知られざるプライベートでの目標も公開!

2月12日(日)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.1」。あの井岡一翔にプロ唯一の黒星を付けたことでも知られる、元ボクシング世界王者アムナット・ルエンロンと対戦!デビューから無敗の快進撃を続ける”神童”那須川天心!今回は試合から少し離れ、今年の目標や、知られざるプライベートに迫ったインタビューを公開!

那須川天心

4年生の高校に通い、春からは高校4年生!

-那須川選手は現役高校生ということですが、3年生ということは、もうすぐ卒業ですね。

那須川「いえ、僕は午前中だけ授業がある高校に通っていて、午後の授業がない分、卒業までの年数が4年と、普通の高校より1年期間が長いんですよ。高校に進学するときに、少しでも格闘技に専念できる環境を作りたくて、今の高校を選びました。」

-そういう学校もあるんですね。学生生活はどんな雰囲気なんでしょう。

那須川「オタクの方が多い学校で、ラブライブとかアニメが好きな人が多くて、休み時間とか暇さえあれば、携帯でリズムゲームをやっている人が多いです。話もアニメの話が多かったり、ついていけない話題がほとんどです。」

-意外な悩みが(笑)

那須川「この間、ブシロードさんの新年会で、声優の三森すずこさんに写真を撮っていただいて、ラインのタイムラインに『行ってきました』って載せたら、学校の人から凄い連絡が来て。今まで話したこともあまりなかった人からも『ホントにすげえ』って反響が凄くてびっくりしました。それで学校でも凄い話かけられて。普段は僕が格闘技をやってることしか知られてなくて、あまり話しかけられないんですけど。」

KNOCK OUT vol.0

-三森さんといえば、東京ゲームショーに登場したときは人が集まりすぎて大変なことになってました。武道館も1人で埋めてましたし、アニメ業界の中でも凄い人気があるんですよ。

那須川「自分も格闘技界でそうなりたいですね。格闘技界の三森すずこさんに(笑)。」

-那須川選手はプロレスも好きだという情報を聞いたんですが。

那須川「プロレスも好きですね。特にオカダ・カズチカ選手が大好き。さっきも『オカダ選手を見たよって』って聞いて、ええ!ってなりました。あとは飯伏幸太選手。飯伏選手は技が凄く綺麗なんですよ。中学生1年生くらいの頃は本当に飯伏さんが大好きだった。動きが体操みたいで。あとキャッチコピーのゴルデン☆スターってのもかっこいいですよね。僕もゴールデン☆スターが良かった(笑)。」

-“神童”はもういいだろうって思ってるところもあるんでしょうか?

那須川「神童っていくつまでなんでしょう?もう18歳なので。いいっすよねゴールデン☆スター・・・」

-神童に代わる新しいキャッチコピーが必要ですね。

那須川「あとプロレスなら、試合前にオカダ選手の入場曲を聞いてテンションを上げてます。」

-レインメーカーの。

那須川「年末のRIZINでもオカダ選手を意識して、入場で上がってくるときにもポーズをしてましたから。オカダ選手といえば、僕も一回くらいはドロップキックを試合で出したいんですよ。オカダ選手のドロップキックって凄く打点が高いじゃないですか。僕もそれを見てジャンプ力を付けたいって思ったんですよ。」

 

-ドロップキックの為にジャンプ力を強化(笑)

那須川「オカダ選手のジャンプ力を見てNBAを見るようになったんですよ。バスケを見るというよりも選手の身体能力を見たくて。バスケの選手も凄いジャンプ力があるじゃないですか。それで、トレーナーにジャンプ力を付けたいって相談したんですけど、キックボクシングとはあまり関係ないって却下されました。それでもジャンプ力を付けたいって押し切ったんですけど(笑)。でも飛びすぎて足を故障しちゃった。」

那須川天心

-ドロップキックまでの道は険しい。

那須川「でもドロップキックはどこかの試合で1回は出したい。実は去年のRISEのタイトルマッチで村越選手と戦った時に、セコンドにロープワークからのパンチを出したいって相談したんですよ。そしたらロープの反動を使ってのパンチは反則になるかもしれないから良くないって言われて。それなら辞めとこうって。」

-去年の年末のRIZINではロープワークを使った戦いを見せた選手もいましたが、天才も同じ発想を持ってたんですね。

那須川「あれはちょっとわからなかったんですけど(笑)。RIZINでは北岡選手の試合が一番面白かった。キャラクターも凄く良くて。」

-年末のMMAの試合ではピンチもあり、会場の声も凄かったと思うんですが、普段の試合からセコンドの声は聞こえてたんですか?

那須川「聞こえてます。聞こえないときもたまにあるんですけど。RIZINのときに『立たせろ』って声はあえて無視したんですよ。あえて殴りかかって。試合中は常に冷静です。相手が日本人だったら、相手のセコンドの声を聞いて、セコンドの声の通りに動く選手だったらそれに合わせて攻撃する。ずるがしこいんですよね。」

-相手のセコンドの声も聞かれてるんですね。

那須川「相手のセコンドが『腹が効いた』って言えば、効いてなくてもわざと下がって、相手が前に出てきたところを攻撃したり。いけると思って前に出たところを、逆にやられるとショックは大きいので。」

-MMA挑戦も果たし、腰に巻くベルトも増えています。最近は取材も増えて、那須川選手は本当に多忙のようですね。

那須川「去年は本当に忙しかった。その前の年も忙しかったんですけど。毎年どんどん忙しくなっていきますね。今年は本当に勝負の年だと思います。今ほんとに盛り上がってますし。サッカーの本田圭佑選手が『10番がそこにあってなんでとりにいかないんだ』っておっしゃられてたんですが、そういう言葉に憧れていて、自分もそうなろうって。」

-那須川選手は本田圭佑ファンなんですね。

那須川「本田選手はかっこいいですよ。僕は人に憧れることはないんですけど、本田選手には憧れます。だからたまに両腕に時計を付けるのも真似してます。堂々と本田選手の真似してますって。結構形から入るので。」

-最近は那須川選手のKOポーズが流行ってきてますね。

那須川「使ってくれる人も増えてきました。SNSでもKOポーズを見つけると、ナイスポーズですねって返すようにしています。そうすると広がっていくので(笑)。」

-地道に普及活動を行っている(笑)

那須川「他の選手はポーズなんてないじゃないですか。本当に健太選手くらい。健太選手も凄い面白いっすね。キャラもあるし見出しにもなるし。あとは町田光選手。町田選手みたいなキャラはいいなって思って目標にはしてます。最近は少しはキャラを出せるようになってきたんですけど。」

-因みに、他に那須川選手が目標にしていることはなにかありますか?

那須川「ゲームに出たいなと。なんでもいいんですけど出来れば有名な奴。カードゲームとかでもいいんですが、一番いいのは僕が戦ってるやつ。昔から憧れてたんですよ。PS2で昔キックボクシングのゲームも出てたじゃないですか。魔裟斗さんがめちゃくちゃ強くて。僕はマイク・ザンビディスを使ってたんですけど、自分もゲームのキャラクターになりたいなって思ってました。」

 

-ゲームはお好きなんですね。

那須川「最近はスマホのゲームしかやってないですけど。有料の鉄拳とかシャドウバーツ。でもPS4は欲しいですね。やらなくても持っているっていうのがかっこいいじゃないですか?一人暮らししたら絶対PS4は買います。」

-那須川選手はひとり暮らしをしたいんですか?

那須川「ひとり暮らしは20歳くらいになったらしたいですね。特に住みたい場所ってのはないんですが、あげるとしたら北千住とかで。都内にすぐ行けるところで、PS4があって、でかい水槽があって。シンプルでかっこいい部屋に憧れます。」

-高校生らしい話になってきました。最後に那須川選手にとって今年はどんな年になりますか?

那須川「毎年一緒なんですが、今年は挑戦の1年ですね。プロになってからずっとです。皆さんが凄いってなるように、周りの期待以上のことをしていかないと。それに答えていくのが自分だと思っているので、今年も期待してください!」

関連記事
「那須川天心は私が責任を持って阻止する」元ボクシング世界王者アムナットのインタビューを公開!

”神童”那須川天心と対戦!元ボクシングIBF世界フライ級王者!アムナットの波乱万丈な半生を紹介

“神童”那須川天心の2017年初戦は、あの井岡一翔にプロ唯一の黒星を付けたことでも知られる、元ボクシングIBF世界フライ級王者アムナット・ルエンロン!2月12日(日)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.1」。チケットは各種プレイガイドにて好評発売中です!2017年も続く、神童の挑戦をぜひ会場にてご観戦ください!

那須川天心vsアムナット・ルエンロン

KNOCK OUT vol.1
日時 2017年2月12日(日)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館

チケットぴあ
https://goo.gl/uNwlyA
ローソンチケット
https://goo.gl/c8jPvd

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-1/