小笠原瑛作インタビュー後編「那須川天心戦に向けて自分の価値を上げていく」

インタビュー

小笠原瑛作インタビュー後編「那須川天心戦に向けて自分の価値を上げていく」

4月1日(土)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.2」。4連続KO勝利を狙ってKNOCK OUTに連続出場!俳優とキックボクサーという2つの道で頂点を狙う、”SPEED ACTOR”小笠原瑛作のインタビュー後編を公開!

小笠原瑛作

・野木ランでフィジカルが向上
・俳優への道は修行中
・那須川天心戦に向けて、評価の高い日本人を倒す

前編はこちら
小笠原瑛作インタビュー「ローキックの上達で倒す感覚を掴んだ」

フィジカルトレーニングで体力が向上

-前回からの引き続きになります。フィジカルに自信がついたということですが、小笠原選手はボクシングや総合格闘技など、色々な分野のトップ選手が師事する、野木トレーナーのランニングに毎週参加しているんですよね。

小笠原「そうですね。先輩のT-98さんが参加していて、『野木さんのダッシュは絶対にいったほうがいい』って誘って貰って。去年RISEで村越優汰選手に負けた直後で、練習したくないなって時だったんですけど、会長に『行ってこい』って言われて。落ち込んでて、行きたくねえなあって感じだったんですけど、結果的に続けていたら凄く自分の為になってます。参加してる選手も凄い選手ばかりですし。」

-実際に体力が上がった実感があるわけですね。

小笠原「練習のミットで後半でも回せるようになったんですよ。今までは疲れて尻すぼみになってたんですけど。野木さんのランニングに参加するようになってからは、逆にそこから上げられるようになりました。」

小笠原瑛作

-話は変わりますが、小笠原選手は今回の試合前には大学の劇にも出演されてましたよね。そちらの自己採点は?

小笠原「うーん。65点くらいですかね。控えめに。満足はしてないです。演技は回を重ねていく毎に自分の中で感覚を掴める感じになっていくんですけど、本番と練習で全く違うんですよね。今まで練習では噛み合っていたセリフとかが、お客さんが入るだけで全く違う空間になって噛み合わなくなってしまう。自分の中でしっくりくるセリフが言えたときと、しっくりきてないときがあって、その葛藤を本番中に微調整していくんですよ。そこが上手くいかなかった部分が少しありましたね。」

-演技中はいろいろ考えながら演じてらっしゃるんですね。

小笠原「演技に入り込んでいる人もいると思うんですけど、僕の場合は素の自分が結構いたりして。たまに素の自分が出てしまったりして。それがいいのか悪いのかはわからないけど、演技をしながら自分の頭の中で会話しながらやっていた感じです。」

那須川天心戦を前に日本人の強豪をインパクトのある内容でKOする

-格闘技の話に戻りますが、前回のイベントで那須川選手の試合はご覧になりましたか?

小笠原「グローブチェックのところからずっと見てました。1、2、3Rが終わって、相手も上手いのでこれは判定まで行くんじゃないかと思ってたんですけど。あそこでしっかり仕留められるのはさすがだなって。関心して部分もあるけど、やっぱり悔しいって気持ちで見てました。まあ、日本人で那須川選手と戦えるのは僕しかいないと思うんで、ホントに辿りつきたいですよ。目指すところは一番だから。それには那須川選手には勝たないと意味ない。」

-那須川選手とはもう直ぐにでも対戦したいと。

小笠原「那須川選手に勝ったらおいしいので、出来たら今年中にはやりたいです。ただ僕も、もう少し強い選手を倒さないと駄目ですよね。日本で評価されている有名な日本人選手に勝って、自分の知名度と評価を上げてから戦いたい。」

-それはどうしてでしょう?

小笠原「今やったとしても、ほとんどの人は『どうせ天心が勝つんでしょ』っていう風に見ると思うんですよ。僕も波賀選手や宮元選手にKOで勝ちましたけど、ワンチャローンをKOした那須川選手と比べると話題性に欠ける。日本人のトップ選手をばんばん倒して、自分の評価を上げてから、どっちが勝つかわからないよって状況で那須川選手と対戦したいです。」

小笠原瑛作

-ずばり、那須川選手までに倒さなければいけない相手というのは。

小笠原「狙っているのは新日本キックボクシングの志郎選手や江幡選手です。江幡選手は日本人に相手がいなくて、ムエタイでタイ人のトップ選手と闘い勝ち続けている。タイの本当に強い選手にKO勝利している志郎選手。そういう選手にインパクトのある勝ち方をしなくちゃ駄目ですよね。外国人でもいいんですけど、外国人は強くてもどのくらいのレベルなのかって伝わらないじゃないですか。その点、日本人のトップ選手だったら凄くわかりやすいと思うので。」

-ただ戦うだけじゃなくて、舞台も既に見えてるんですね。もう那須川選手とリングで向かい合うイメージも出来ている?

小笠原「出来てますね。トレーナーも僕と那須川選手がやるってことを頭の中に入れてくれていて、練習も考えてくれてます。勿論、目の前の試合を優先してやっていますけど、那須川選手のイメージは常に頭の片隅にいれています。去年も那須川選手ともう少しで闘うというチャンスはあったんですけど、那須川選手のことを意識しすぎて、その前の試合に熱い思いを抱けなくて負けてしまった。でも今回はKNOCK OUTという舞台へのモチベーションは高いし、技術もフィジカルもあのころより上がってます。那須川天心に勝つ準備は出来ています。」

驚異のスピードでKOを量産!”SPEED ACTOR”小笠原瑛作が参戦!4月1日(土)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.2」。チケットは各種プレイガイドにて好評発売中です!良い席の確保はお早めに!

※小笠原瑛作の対戦相手は近日発表!

KNOCK OUT

KNOCK OUT vol.2
日時 2017年4月1日(土)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館
チケットぴあ https://goo.gl/u2IHC0
ローソンチケット https://goo.gl/pDV0qL

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-2/