「僕とやりたいと言った事を後悔させる試合をしたい」6.17「KNOCK OUT vol.3」石井一成のインタビューを公開

インタビュー

「僕とやりたいと言った事を後悔させる試合をしたい」6.17「KNOCK OUT vol.3」石井一成のインタビューを公開

6.17「KNOCK OUT vol.3」でNJKF王者の能登龍也と対戦する、”西の神童”石井一成のインタビューを公開!!

石井一成

4.1「KNOCK OUT vol.2」で国内2冠王の矢島直弥と対戦し、強烈なヒジ打ちで矢島のアゴを折る衝撃のTKO勝利を飾った石井。またも国内王者との対戦となったKNOCK OUT 2戦目を控え、俄然注目が集まる石井にインタビューを行いました。

・前回の試合は倒しきれなかったのが反省点
・ムエタイを背負う存在になりたい
・自分と試合をしたいと言ったことを後悔させる試合をする

 

前回の試合は倒しきれなかったのが反省点

-KNOCK OUT初戦となった4月の矢島直弥戦はTKO勝利となりました。まずは試合を振り返って頂きたいのですが、率直な試合の感想は?

石井「KNOCK OUTは今まで僕が出場した大会で一番大きな舞台だったので、ちょっと緊張してしまったんですが楽しめました。お客さんが一斉に自分の事を見てくれて、そこでTKO勝利出来たのは凄く嬉しかったです。」

-多彩な技で矢島選手を翻弄する姿が印象的でしたが、石井選手としては思った通りの試合になったんでしょうか?

石井「相手の動きが良く見えていたので、序盤は撃たせてカウンターを狙っていました。矢島選手のパンチは重いと聞いていて警戒していたんですが、自分には当たらないなと判断して。2R目から倒しに行ったんですが、倒しきるまでは出来なくて悔しさが残りました。」

-石井選手としては倒しきれなかった要因はどこにあったと思いますか?

石井「矢島選手の気持ちの強さを凄く感じました。倒せると思った攻撃もあったんですが、僕にはまだ倒せるパンチがなかったということですね。今はその悔しさをモチベーションにして練習に励んでいます。」

-しかし、結果は3Rに強烈なヒジ打ちで矢島選手のアゴを折ってのTKO勝利でした。鈍い音がリングに鳴り響いた衝撃の勝利だったと思います。

石井「ムエタイの怖さを見せるということを試合のテーマにしていたので、最後にヒジ打ちで試合を決めることが出来たので、そこは達成出来たのかなと。KNOCK OUTではずっとタイのムエタイ選手が負けているじゃないですか。だからムエタイが下に見られている雰囲気を感じていたので、タイでムエタイの試合をしている僕がムエタイはそんなに甘くないぞってところを見せられたと思います。」

石井一成

ムエタイを背負う存在になりたい

-タイで試合をすることが多い石井選手ですが、ムエタイに対する思いはかなり強そうですね。今後も日本でムエタイの強さを見せていきたい?

石井「そうですね。タイで名前をもっと売っていきたいというのも目標なんですが、タイでやっていると日本では名前が売れにくいので。やっぱ日本で活躍している選手のほうが日本のメディアは取り扱ってくれる。なので、日本とタイの両方で結果を出し続けて、もっと有名な選手になっていきたいです。」

-日本でもムエタイの試合は行えて、タイの有名なタイトルマッチにも日本で挑戦出来るという状況もありますが、なぜ石井選手はタイで試合をすることにこだわりがあるんでしょうか?

石井「僕はムエタイを背負うような存在になりたいので、タイの現地で試合をしていって、タイトルマッチも向こうでやりたいです。タイはどの試合も当日に行うんですが、日本は前日に計量を行う。いろいろと違いがあるので、僕はタイでも認められるトップファイターになる為にタイでも結果を残していきたいです。」

-試合後にはファンの間で早くも那須川天心選手との対戦を望む声もありましたが、石井選手は那須川選手とジュニアの頃から面識があるんですよね。どの様な関係なんでしょうか。

石井「子供の頃からの知り合いです。住んでいるところが遠いので遊んだりとかはしたことはないんですが、会えば会話はします。ジュニア時代も対戦はしていないですし、階級が違うので意識はしていないんですが、将来的には対戦するかもしれないです。那須川選手はキックボクシングを背負っている選手なので、僕がムエタイを背負える存在になったら、そのタイミングで対戦したいです。」

石井一成

自分と対戦したいと言った事を後悔させる試合をしたい

-6.17「KNOCK OUT vol.3」ではNJKF王者の能登龍也選手との対戦が決定しました。4月の矢島選手との試合に続き、日本でタイトルを保持する強豪選手との連戦となります。

石井「日本のチャンピオンとの対戦が続くのは予想通りです。そこで格の違いを見せて、いずれはKNOCK OUTのメインを務められるような存在になっていきたいです。」

石井一成vs能登龍也

-能登選手はNJKFで矢島選手に1RKO勝利していて、そのリング上では石井選手との対戦を要求していましたが?

石井「どうも思わなかったですし気にもしなかったです。まあ、やる機会が出来たので、リングで僕とやりたいと言ったことを後悔させてやろうかなと思っています(笑)。」

-能登選手はKO率の高いハードパンチャーという印象ですが、警戒するポイントは?

石井「一発はある選手だと思います。まあ普通にやったら僕には当たらないので、ラッキーパンチには警戒します。前の試合と同様に、打たせずに打つということを意識して戦います。」

-石井選手にとってこの試合のテーマは何でしょう?

石井「倒す!それがテーマです。この前の試合では終了後にお客さんのお見送りをさせて貰ったんですけど、『石井選手を見に来ました』と言ってくださる人もいて嬉しかった。前回の試合があって、僕の試合を目当てにしてくれるファンも増えたと思います。今回の試合では、その次の試合で僕の試合を見に来てくれるファンを増やせるように、一番面白い試合をしたいです。」

石井一成

-注目が高まり石井選手に期待しているファンは増えていると思いますが、プレッシャーは感じますか?

石井「そうですね。感じています。プレッシャーもあるんですが、期待されているだけ頑張れるので。期待されている以上の結果を残していきたいです。今年は本当に挑戦の年だと思います。」

-挑戦の年ですか。今年は大学生になり、タイやKNOCK OUTでの試合に出場とかなり忙しい年になりそうですね。

石井「ムエタイの人生よりもその後の人生の方が長いということで進学を決めました。ただリングに上がる以上は結果を出さないといけないので、言い訳にならないようにどっちも覚悟を持ってやっています。1年の初めに毎年お参りに行って今年のテーマを祈るんですけど、結局いつも今年は勝負の年だということになってしまうんですよね。そこは毎年変わらないです。」

-そういえば経済学が心配だという話も聞きましたが?

石井「経済学は要注意ですね。そこはちょっと危ないかもしれません(笑)。」

-最後にKNOCK OUTのファンにメッセージをお願いします。

石井「前回は倒しきれなかったので、今回はしっかりと倒して会場を沸かせたいと思います。僕の試合にまた注目してください!」

6月17日(土)TOKYO DOME CITY HALLで開催の「KNOCK OUT vol.3」。全試合メイン級の全7試合が決定!チケットは各種プレイガイドにて好評発売中です!いい席の確保はお早めに!

KNOCK OUT vol.3

KNOCK OUT vol.3
日時 2017年6月17日(土)
開場16:00 開始17:00
会場 TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ https://goo.gl/DwcK1r
ローソンチケット https://goo.gl/YLFm