”神童”那須川天心がRISEバンタム級タイトル防衛に成功!

お知らせ

”神童”那須川天心がRISEバンタム級タイトル防衛に成功!

9月25日(日)後楽園ホールで開催されたRISE113でRISEバンタム級タイトルマッチが行われ、王者那須川天心が挑戦者村越優汰を5R判定で下しタイトル初防衛に成功。

RISE113 那須川天心

 

RISE113 9月25日(日)
RISEバンタム級タイトルマッチ
那須天心(TARGET) vs 村越優汰(湘南格闘倶楽部)
勝者 那須川天心 5R 判定 (50-47、50-50、50-45)

1R、両者相手の出方を伺う慎重な立ち上がりから、那須川が強烈なパンチで距離を詰め村越はロープ際まで後退。プレッシャーをかける那須川に対し、村越は那須川の入りにカウンターを狙いながら必殺の三日月蹴りを放つタイミングを伺うも、那須川の素早い攻撃の前にガードを固め手数が出ない。

2R、那須川の入りのタイミングに村越のパンチのタイミングが合いだし、那須川は懐まで入れず。ミドルも出るようになった村越だが、蹴りが那須川の下腹部にヒットし中断。再開後も蹴りで距離を取りたい村越に対し、那須川はミドルを肘でカットしつつ鋭いパンチを放つ。

3R、村越は引き続き蹴りで距離を取るも、那須川のローからの入りで懐に入られるように。ロープを背負い続ける展開が続き、那須川のストレートを貰うも、固いガードで追撃を許さず。

4R、那須川はパンチで飛び込むスタイルから、ロー、ミドルと蹴りを混ぜて村越をかく乱。村越はこのラウンドもロープを背負うがクリーンヒットは許さず。那須川の入りにパンチをカウンターで狙いながら、必殺の三日月狙いも那須川に警戒され決まらない。
5R、村越が蹴りで前に出るも、那須川はガードからパンチで反撃。村越は三日月蹴りで最後まで起死回生を狙うが、那須川はしっかりカットしていき、最後までヒットを許さず。

村越の待ちの姿勢からのカウンター狙いに対し、得意の連打、カウンターを出せず攻めあぐねた那須川。連続KOを続ける挑戦者に対し、普段の試合で見せるKOを見せることは出来なかったが、危なげない内容で判定勝利。

「チャンピオンとして情けない試合をやってしまいました。村越選手は前回の対戦から2倍、3倍と強くなっていて、少し舐めてたところがあったのかなと思います。周りが求めることを出来ませんでしたが、次はしっかりと倒します。今回のようなことがないように頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします。」というコメントで満員に膨れ上がった後楽園ホールを締めた。

 

RISE公式サイト http://www.rise-rc.com/

那須川天心プロフィール http://www.knockout.co.jp/fighter/bantam/nasukawa/

 

那須川天心参戦!12月5日(月)TOKYO DOME CITY HALLで開催の「KNOCK OUT vol.0」の情報はこちら http://www.knockout.co.jp/event/161205/