”悶絶ボディーブロー”工藤政英が55㎏級トップ戦線の潰し合いに出場!

お知らせ

”悶絶ボディーブロー”工藤政英が55㎏級トップ戦線の潰し合いに出場!

12月5日(月)TOKYO DOME CITY HALLで開催いたします「KNOCK OUT vol.0」で”THE CYCLONE”宮元啓介との対戦が決定した、”悶絶ボディーブロー”工藤政英とは。

工藤政英

Twitter https://twitter.com/kudo3524
新宿レフティージム公式サイト http://www.lefty-gym.com/

デビュー3勝3敗から7連勝でREBELS王者に

2012年にキックボクシングイベントJ-NETのアマチュア大会全日本選手権で準優勝。2013年にプロデビューしTKO勝利を挙げるが、その後は勝ったり負けたりで3勝3敗。結果が出ず苦しんだが、現在も所属する新宿レフティージムに単身住み込み鍛錬を積み、2014年からキックボクシングイベントREBELSに継続参戦。6連勝(5K)の好成績を挙げた。2015年には第二代REBELS55㎏級王者決定トーナメントに抜擢されると、準決勝を勝ち上がり、5月に行われた王者決定戦で判定勝利。キャリア初のタイトルを獲得。

REBELS公式サイト http://rebels.jp/

武器はハードパンチと強烈なローキックを意識させてから繰り出すボディーブロー。しかし、意外なことに握力は20キロ台と小学生男子の平均クラス。フィジカルの強さのみではなく、身体操作の上手さで攻撃の重さを生み出し、キャリアを通じて高いKO率を誇る。

大舞台でKO負けも、再びトップ戦線へ

2015年8月に大田区総合体育館にて、キック団体が共同で行ったビッグイベント「BLADE.2」に出場。シュートボクシング王者内藤大樹にKO負けを喫し連勝がストップ。しかし、2016年4月にREBELS.42でREBELS55㎏級のタイトル防衛戦を行い判定勝利で防衛。5月にはキックボクシングイベントRISEに参戦し、若手の注目株である優吾FLYSKYGYMに必殺のボディーブローを叩き込みKO勝利。国内55㎏トップ戦線に工藤ありをファンに印象付けた。

工藤政英

 

主食はグミと宣言するほどのグミ好き

毎日口にするほどのグミ好きを公言しており、お菓子メーカーからグミの提供を受けるほど。減量時にもジムでグミを食べていて、ジムの会長に怒られたこともある。ただ、工藤自身は「グミはサプリメント的なものと考えていて、ビタミンCやカルシウムの成分比率が多いものを選んでいるので、いつ食べても問題ないです」とコメントを残す。

国内トップ同士の潰し合い

今年8月7日のREBELS.45では、複数のタイトルを持つ強豪、宮元啓介と対戦。多彩な蹴り技を持つ宮元を相手に、得意のパンチとローで堂々と渡り合い引き分け、改めて実力の高さを証明。この試合を見たKNOCK OUT小野寺プロデューサーが、ルールを3分×3Rから、3分5Rに変更しての決着戦を熱望。試合後すぐに関係者にオファーを出し、12月5日「KNOCK OUT vol.0」での再戦が決定いたしました。

8月の試合では、新スタイルを用意して試合に挑んだものの、「宮元選手の蹴り技が想定以上で、結局いつものスタイルになってしまった」と語る工藤。この試合の直前には、コスチューム以外の試合の準備が入ったリュックサックを電車に忘れ、急遽スポーツジムで用具を準備するというトラブルも。12月の試合では万全の準備で、新スタイルを見せることが出来るのか。宮元啓介vs工藤政英、55㎏級国内トップ選手同士の潰し合いをお見逃しなく!

前回の対戦の試合レポート(eFight)
http://efight.jp/result_s-20160808_243385

宮元啓介vs工藤政英

「KNOCK OUT vol.0」12月5日(月)会場18:00 開始19:00
会場:TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1646550
Peatix:http://peatix.com/event/202733

イベント詳細
http://www.knockout.co.jp/event/161205/