”切り裂き王子”対日本人無敗のスターボーイが日本の”爆腕”と激突!

お知らせ

”切り裂き王子”対日本人無敗のスターボーイが日本の”爆腕”と激突!

12.5「KNOCK OUT vol.0」で大月晴明と対戦が決定した、”切り裂き王子”スターボーイ・クワイトーンジム。対日本人無敗。必殺のヒジ打ちで日本人を震え上がらせるスターボーイの歩みを振り返ります。

切り裂き王子スターボーイ・クワイトーンジム

ファイトマネーの高額なBBTVで活躍

タイのムエタイスタジアムといえば、ラジャダムナンスタジアム、ルンピニースタジアムの二大殿堂。しかし、ファイトマネーではその2つのスタジアムよりも多くを手にできると言われるBBTVスタジアムが存在。スターボーイはその、BBTVスタジアムを主戦場とし活躍。タイのムエタイを統括する、プロムエタイ協会が、世界へのムエタイの広がりに伴い、世界的なムエタイ組織として設立したWPMF。そのWPMFが認定するWPMF世界フェザー級王者をスターボーイは獲得。

2014年に来日後、トップ選手に連続ko勝利

WPMF世界フェザー級タイトルをひっさげ、2014年に初来日。当時のWPMF日本王者長嶋大樹を挑戦者に迎え、WPMF世界フェザー級タイトルの防衛戦を行った。首相撲からのヒザ蹴りが得意という下馬評であったが、試合が始まると、驚異のタフネスを誇る長嶋をヒジでぐらつかせ、ハイキックで1RKO勝利。衝撃の日本デビューを飾った。その後、タイで試合を挟み、2015年3月に2度目の来日。1階級上のWPMF世界スーパーフェザー級王座決定戦を、同級暫定王者のSHIGERUと争った。試合は開始早々にスターボーイがパンチで距離を詰めクリンチ。組み合いで巧みに攻撃のスペースを作ると、強烈なヒジをSHIGERUの側頭部へ打ち込み、大出血に追い込みまたも1RでTKO勝利。どちらの試合でも披露した、猛烈なヒジ打ちで大きなインパクトを残した。

スターボーイ

 

タイで連勝を重ね、”日本ムエタイ界の至宝”梅野源治と激突

WPMF世界2階級王者を獲得したスターボーイ。タイでもラジャダムナンスタジアムのランカークラスを相手に勝利を挙げ、2016年3月のNO KICK NO LIFEで3度目の来日。”日本ムエタイ界の至宝”梅野源治とメインイベントで対戦。序盤は梅野のローキックとパンチに苦しみ、ロープを背負い続ける劣勢の展開。しかし、3Rにまたもスターボーイの強烈なヒジ打ちがさく裂し梅野がダウン。さらに追撃のヒジで梅野の顔面を切り裂き、劣勢を挽回してのドローに持ち込んだ。

そして、2016年6月に4度目の来日。8月に梅野源治と日本人ムエタイ選手頂上決戦を戦ったヤスユキと対戦。ハイキックとパンチで前に出続け、距離が詰まれば必殺のヒジ打ち。ヤスユキに圧力をかけ続けて判定勝利を挙げた。なおこの試合ではタイの伝統的な髪形とされる、サイドをそり上げて、髪の毛がvの字で頭に乗っているような、非常に個性のある髪形で登場。今回のKNOCK OUTにはどのような髪形で登場するのかも大きな注目を集める。

4度の来日を経験。トップ選手ばかりを相手に、対日本人選手の成績は3勝(2KO)1分。1分の梅野戦でもダウンを奪うなど、その破壊力は要注意。必殺のヒジに加え、キレのあるハイキック、ミドルキックも兼ね備える非常に好戦的な危険な選手。

「KNOCK OUT vol.0」では、圧倒的な攻撃力で高いKO率を誇る”爆腕”大月晴明と激突!日本とタイの倒しや同士による一瞬の隙で試合が決まるスリリングな戦い。KO決着の可能性が非常に高い一戦です。試合中はよそ見厳禁でお願いいたします。

大月晴明vsスターボーイ

「KNOCK OUT vol.0」12月5日(月)会場18:00 開始19:00
会場:TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1646550

イベント詳細
http://www.knockout.co.jp/event/161205/