梅野源治がラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチに勝利し新王者!日本人史上6人目の快挙達成!

お知らせ

梅野源治がラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチに勝利し新王者!日本人史上6人目の快挙達成!

10月23日(日)ディファ有明で行われた「REBELS.46」。メインイベントでラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチが行われ、王者ヨードレックペット・オー.ピティサックに、挑戦者の梅野源治が判定勝利。梅野が見事、日本人として史上6人目となる、ラジャダムナン認定ライト級王者に輝きました。

梅野源治

ラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチ
●ヨードレックペット・オー.ピティサック vs 梅野源治○ 5R判定(0-3)

1R、ローキックと右ストレートを軸に距離を取り、ヨードレックペットのローをカット。ジャブと飛び込んでのヒジも見せ、序盤から積極的に攻めていく梅野。ヨードレックペットは攻撃をしっかりとガードしながら、梅野の様子を伺う落ち着いた立ち上がり。

梅野源治

2R、ヨードレックが圧力をかけて強烈なローキックで前進。梅野はバランスが崩れる場面も見られたが、対抗してヒジをヒットさせると、ミドルと前蹴りでヨードレックを押し返す。

3R、梅野の素早いジャブがヨードレックの顔面を捉えるも、ヨードレックの左ストレートに大きくのけぞる梅野。ヨードレックが攻勢をかけるも、梅野もヒジとストレートで応戦すると、ヨードレックは右目じりをカット。しかしヨードレックのミドルを梅野は受ける形に。

naga3289

4R、梅野が開始と共に勝負を仕掛け、強烈な右ミドルからロー、パンチとつなげる。ヨードレックもミドルとパンチで応戦も、中盤から打ち合いを嫌がり組にくる場面も。攻勢を仕掛ける梅野に対し、効いたというリアクションを見せヨードレックペットの動きが落ちていく。

5R、引き続き蹴りで攻める梅野に対し、ヨードレックはロープ際に押し込まれ、カウンターのボディーブローとヒジを狙う。しかし、ロープ際で梅野の圧力を受け続ける場面が続くと、たまらずクリンチ。試合を諦めたか、ヨードレックは攻めを辞め両腕を下げてリングを回る。梅野も勝利を確信し攻め手を休め、そのままゴング。※ムエタイでは、一人の選手が毎月試合を行うため、一方の選手が試合を諦めた場合、お互いが攻撃の手を止め、リングを回る場面がよく見られる。これは、怪我を避け、次の試合を短い期間で行う為の行為であり、今回の試合は5R終盤に、劣勢になったヨードレックが負けを認めた為このような展開になった。

念願のムエタイ殿堂のベルトを奪取

長い歴史の中で、外国人として8人目。日本人としては6人目のムエタイ殿堂のベルトを獲得した梅野は、「自分で自分のことを凄いと言えることってあまりないと思います。でも、今日チャンピオンになって、本当に自分が強いって心の底から言える。初めて自分が誇れるものが出来ました。」と嬉し涙を流しながらコメント。場内から梅野の名前を称える大歓声が起きると、「ここまで来るのに本当に大変でした。人一倍練習したし、悩んだし、何回も負けて、こんなに練習して負けるんならどうすればいいんだろうって、練習を真面目にしなかった期間もありました。でも自分で言い訳を作って諦めてたらどうやって成功するんだと、諦めずに真摯に取り組めば一番になれるって信じてここまで来ました。何回も負けて来ましたが、今までの負けは、今日の為の負けだったと言えます。諦めずに頑張ってきて良かったです。」と涙ながらにコメント。

梅野源治

そして「今日の勝利は今まで自分を応援して来てくださった皆さん。今日集まってくれた観客ひとりひとりの皆さん。そして練習をずっとやってきたチームのみんな。そして特に、今まで指導して来てくれたタイ人トレーナー。そして、入門当時から生意気だった僕をずっと指導してきてくれた加藤会長のおかげです。今日の僕の試合を見て、少しでも頑張ろうだとか、何か感じるものがあった人は立ち上がってトレーナーと加藤会長に拍手をお願いします。」とコメント。会場はスタンディングオベーションとなり、いつまでも拍手が鳴り響いた。

 

「なんとしても獲りたい」とコメントしていた、ムエタイで最も価値のあるベルトを獲得した梅野。名実共にムエタイで”最強”の称号を獲得した、日本ムエタイ界の第一人者が、次に見据える舞台は12.5の「KNOCK OUT vol.0」。「キックボクサーとして、ムエタイ王者の凄みを表現する」と語る梅野が、大舞台でどんな姿を見せてくれるのか。感動も冷めやらぬ中、既に梅野源治の新たな挑戦まで残り1か月半。新王者の歩みに期待いたしましょう!

「KNOCK OUT vol.0」梅野源治ポスター

「KNOCK OUT vol.0」12月5日(月)会場18:00 開始19:00
会場:TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1646550
Peatix:http://peatix.com/event/202733

イベント詳細http://www.knockout.co.jp/event/161205/