”神童”那須川天心と対戦!ワンチャローンが立ち技格闘技の殿堂で判定勝利!試合レポート

お知らせ

”神童”那須川天心と対戦!ワンチャローンが立ち技格闘技の殿堂で判定勝利!試合レポート

12.5「KNOCK OUT vol.0」で16勝無敗の”神童”那須川天心との対戦が決定している、ワンチャローン・PKセンチャイジムが、タイのムエタイの殿堂ルンピニー・スタジアムでスピンター・パンコンパップと対戦。タイ国プミポン国宝崩御後、1か月以上イベントが自粛されていたルンピニースタジアムの再開となるイベント。ワンチャローンはその第4試合に出場。那須川との対戦を3週間後に控えた試合で、3分5Rを戦い、左構えから繰り出す左ミドルでプレッシャーをかけ続け、相手の攻撃を全く貰わずに貫禄の判定勝利。12月の那須川戦を前に改めて強さを示した。

ワンチャローン

1R、サウスポー(右足が前になる左構え)同士の対戦となった対戦。ワンチャローンは前足となる右足を足踏みしリズムを取ながら、前蹴り、ミドルキックでスピンターにプレッシャーをかける。スピンターはガードを高く上げ、ロープまで下がりながら、ワンチャローンの蹴りにパンチを合わせようとするも、距離が合わず届かず。序盤からワンチャローンが蹴りで距離を掌握しペースを握る。

2R、このラウンドも左ミドルで快調に攻めるワンチャローン。スピンターはワンチャローンのミドルキックを腕で抱え込もうとするも、上手くいかず攻め込まれている印象。1Rと変わらずワンチャローンのペースで試合が進む。

3R、執拗にワンチャローンの左ミドルを抱え込もうとするスピンター。何度かキャッチを成功させ、そこからパンチにつなげる。スピンターは力強いミドルキックと、パンチで強引に前進するも、ワンチャローンは強烈な左ミドルで対抗。両腕でパンチのフェイントをかけスピンターを惑わし、スピンターのうち終わりにパンチを狙う。

4R、距離を詰めて、組んだ状態からのヒザを狙う戦略に変更したスピンター。ワンチャローンは距離を詰めるところにヒジを合わせ、組まれても上から体重をかける形をとり、スピンターに攻撃をさせない。距離が空くとミドルキックを蹴り込み試合のペースを渡さず。

5R、勝利を確信し、ガードを上げ蹴りで下がりながら距離を取り、ポイントでの判定勝利を狙うワンチャローン。スピンターが逆転を狙い距離を詰めても、クリンチで攻撃を許さず。ワンチャローンは試合終了間際には、両手を高々に上げ、観客に勝利をアピールした。

ルンピニースタジアム 11月15日(火)
○ワンチャローン・PKセンチャイジム vs スピンター・パンコンパップ● 5R 判定

ジャッチは序盤から得意の左ミドルキックで距離を制圧し、スピンターの猛攻も、巧みなポジショニングと、タイミングよく放つ攻撃で凌いだワンチャローンを支持。ほぼ攻撃を貰わず、無傷で試合を終えた。

3週間後に迫る那須川天心戦の前に、立ち技最高峰の舞台とも言われ、タイトルも保持するルンピニースタジアムで試合を行い、改めて強さを示したワンチャローン。強力な威力があり、タイミングよく打ち込むミドルキックで、試合を支配する。那須川はこの軽量級の最強王者をどう攻略するのか。イベントまであと19日!日本が誇る”神童”と、軽量級最強王者が激突する歴史的な一戦です。ぜひご注目ください!

関連記事

”神童”那須川天心最大の危機!軽量級立ち技最強王者ワンチャローンの実績を紹介!対戦相手を震え上がらせる必殺の左とは?

元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王者 石井宏樹さんが語る、軽量級立ち技最強王者ワンチャローンの強さ

那須川天心 ワンチャローン

「KNOCK OUT vol.0」12月5日(月)会場18:00 開始19:00
会場:TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ:
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1646550

イベント詳細:
http://www.knockout.co.jp/event/161205/