石井宏樹さんが解説!”爆腕”大月晴明vs”切り裂き王子”スターボーイの衝撃決着は如何にして起こったのか!?

お知らせ

石井宏樹さんが解説!”爆腕”大月晴明vs”切り裂き王子”スターボーイの衝撃決着は如何にして起こったのか!?

KNOCK OUT解説者を務める、元ラジャダムナン・スタジアム認定スーパーライト級王者、石井宏樹さんが、「KNOCK OUT vol.0」の全試合を分析!第1回は、不惑のベテラン!大月晴明と、破壊力抜群のヒジ打ちで、数多くの日本人トップ選手をリングに沈めた、”切り裂き王子”スターボーイ・クワイトーンジムの試合を分析頂きました。衝撃の秒殺KO決着は何故実現したのか?

「KNOCK OUT vol.0」 第1試合

61.50kg契約 3分3ラウンド

大月晴明 vs スターボーイ・クワイトーンジム

-大月選手(以下名称の敬称略)はド派手な入場で登場します。対戦相手の個性的な入場は、先にリング上で待っている対戦相手としては、気になったりするものなのでしょうか?
石井:「選手にもよりますが、相手の派手な入場は特に気になりません。むしろ派手になればなるほど気合が入るものです。」

大月はスターボーイの間合いや、癖を読んでいた!

1R

-大月は両足で跳ねる様なステップで、スターボーイが得意とする蹴りを外します。大月はどうやって、スターボーイの攻撃を読んでたんでしょうか。

石井:「大月は、いつも通りの独特なステップワークで、向かい合った瞬間から自分の距離で戦っている印象です。対戦相手の事をよく研究する大月は、スターボーイの間合いや、癖を読んでいたように思います。」

-大月はスターボーイの蹴りを外しながら、大振りのパンチで飛び込み、左右のフック、ボディーと叩き込みます。なぜスターボーイにここまで大月のパンチがヒットしたんでしょう。

石井:大月の踏み込みが思ってた以上に早かったのでしょう。反応ができず、スターボーイが距離を保 つ為の前蹴りができていません。完全にスターボーイは距離を見失っています。

大月晴明

ボディーを効かせたことがKOにつながる

-スターボーイは大月のパンチを嫌がってか、クリンチで試合の展開を変えにいきます。しかし、大月に突き放され成功せず。スターボーイはもう打ち合いを嫌がって弱気になっている印象です。

石井:「大月の一発目の左ボディブローで、スターボーイは腹を効かされています。スターボーイは何とか大月選手のラッシュを止める為に、大月の首を取りに行きますが、腹が効いているので大月選手の攻撃を止められる力が無いですね。」

-左ボディーでガードの下がったスターボーイに、大月のフックがヒット。コーナーまで追い込まれてスターボーイはラッシュを浴びます。

石井:「大月のラッシュの中、スターボーイが右のハイキックを出していますが顔に届かず・・・当たっていても倒せるほどの威力ではなかったです。最終的に1Rという、早い段階でスターボーイの心が折れましたね。」

大月晴明

試合結果 1R KO 勝者 大月晴明

-スターボーイは初の日本人選手への敗戦となりました。敗因は何処にあったんでしょうか?

石井:「スターボーイは、最初から下がらずに大月の攻撃に対して打ち合ってしまっています。3Rしかないという焦りからかもしれませんが、1R 目は付き合わず様子を見て、2R目以降から勝負をしたほうが良かったのでは・・・」

-逆に大月の勝因は?なぜあそこまでスターボーイを相手に、圧力をかけることが出来たんでしょうか?

石井:「大月は、スターボーイに距離を取られるのを避け、最初から打ち合いに誘っていますね。その誘いにスターボーイが乗ってくれたので、大月は一気に勝負をかけたのでしょう。この試合、3Rという勝負を選択したところから、大月の作戦勝ちです。

-大月は、この試合の数日前に43歳を迎えました。この年齢でも強豪選手と戦える最大の要因はどこにあるんでしょう?

石井:「大月は、相手の事をよく研究しそれと同時に自分の事もよく研究してるはずです。長い現役生活、試行錯誤してきたはずですから強くなる為に使う時間の作り方が上手なのでしょう。練習と休養、その時間を上手く使えなければ40歳を超えてトップ選手に勝つ事はなかなかできません。個人的 には、50歳になっても戦っている大月を見たいですね。」

石井宏樹

1979年生まれ。東京都目黒区出身。、元ラジャダムナン・スーパーライト級王者。元新日本キックライト級王者。ムエタイの殿堂ラジャダムナン・スタジアムのベルトを獲得。それまでに同タイトルを獲得した選手が誰一人成し遂げることが出来なかったタイトル防衛を外国人として初めて成功した。引退後は小野寺力が代表を務めるRIKIXにてトレーナーを務め後身の指導に励む。

石井宏樹

関連記事
「KNOCK OUT vol.0」全試合結果・イベントレポート

次回は、圧巻のKO決着となった第二試合。55kg級日本人トップ選手対決の、宮元啓介vs小笠原瑛作の試合を振り返って頂きます!こちらもどうぞご期待ください!

KNOCK OUTの次回イベントは、2017年2月12日(日)大田区総合体育館で、「KNOCK OUT vol.1」を開催!チケットは好評発売中です!ぜひ2017年も続く、パンチ、キック、ヒジ、ヒザありルールでの最強を決める戦いを、会場にてご観戦ください!

大会名 「KNOCK OUT vol.1」
日時 2017年2月12日(日)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-1/