衝撃KO決着!小笠原瑛作vs宮元啓介を、元ラジャダムナン王者石井宏樹さんが解説!勝負を分けたのは蹴りへの対応?

お知らせ

衝撃KO決着!小笠原瑛作vs宮元啓介を、元ラジャダムナン王者石井宏樹さんが解説!勝負を分けたのは蹴りへの対応?

KNOCK OUTの解説者を務める、元ラジャダムナン・スタジアム認定スーパーライト級王者、石井宏樹さんが、「KNOCK OUT vol.0」の全試合を分析!第2回は、空手仕込みの多彩な蹴り技を持つ、”THE CYCLONE”宮元啓介と、将来は俳優を目指し、スピードを武器に相手を破壊する、”SPEED ACTOR”小笠原瑛作の試合を分析して頂きました。

1R

序盤の蹴りへの対応が試合の展開を分けた

-序盤戦は両者蹴りが目立つ展開でしたが、小笠原選手(以下敬称略)の蹴りがより深くヒットしていきます。この理由はなんだったんでしょう?

石井:「小笠原がサウスポーで懐が深く距離の取りづらさもありますが、宮本が小笠原の蹴りをたくさんもらっている原因は、動きが止まってしまっているところでしょう。動きが止まっている相手は、狙いが定まりやすいのです。」

-ラウンドの終盤には、小笠原の放つミドルキックにより、早くも宮元の右腕は赤く腫れあがっていきます。これは試合を通してどのような影響があるんでしょうか?

石井:「序盤にミドルをもらい続けると後半腕が下がってきてしまうので、前半の防御は大切です。」

2R

-パンチ、ローとスピードのある攻撃を見せる小笠原選手に、宮元選手は打ち終わりにパンチを合わせる作戦に変更したように思います。これは1Rを終えての判断だったんでしょうか。

石井:「2Rに入り小笠原がパンチや肘を多く使い出し距離が近い展開になってきました。宮本は、その方がやりやすかったのでしょう。合わせてパンチを返してる印象ですね。」

小笠原瑛作

-距離の近い攻防となり、小笠原はヒジ、首相撲とあまりイメージになかった攻撃を見せます。どちらも効果的に見えましたが、小笠原のヒジや首相撲は、技術的には良かったんでしょか?

石井:「とても良かったと思います。2Rからセコンドから肘を狙って行けと言う指示を伺えました。パンチから肘や首相撲からの肘と、普段から練習していないと出せないコンビネーションを出せていましたね。」

3R

小笠原の閃きがダウンを呼び込んだ

宮元啓介

-小笠原選手が縦ヒジで宮元選手の目じりをカット。再開後に果敢に攻めた宮元選手に、小笠原選手の回転ヒジが見事にヒットし、宮元はダウン。迎え撃ってのカウンターの回転ヒジはあまり見ませんが、当てるのが難しい攻撃なんでしょうか?

石井:「小笠原が左の肘を空振りした際に体勢を崩して背中を相手に向けるような形になってしまっています。そこで、すかさず回転して右のバック肘を出していますね。とても難しい技で当てるのも難しいですが、あそこでこの技を出す閃き、そしてしっかり当ててダウンを奪うところは素晴らしいと思います。」

小笠原瑛作

-宮元は立ち上がり、逆転を狙ってどんどん前に出ますが、今度は小笠原選手の弧を描く左ヒジで2度目のダウン。ここまでバリエーションを持ったヒジを試合で効かせるのも凄いです。

石井:「宮本は切られてからは、大技を出しながらどんどん前に出始めました。それを受けて、小笠原はカウンター狙いの作戦に変えたのでしょう。狙い澄ました肘でしたね。」

-宮元はここでも立ち上がるも、再開後すぐのハイキックでKO負け。ガードの上からにも見えましたが、すでにダメージがあり耐えられなかったということなんでしょうか?

石井:「確かに宮本はガードをしていましたね。ダメージもありましたが、小笠原のハイキックの威力はガードの上からでも効く威力です。大技を繰り出していた宮本はスタミナの消耗もあったのでしょう。最後はガードの上から吹っ飛ばされた形になってしまいました。」

小笠原瑛作 宮元啓介

試合結果 3R KO 勝者 小笠原瑛作

-序盤は蹴り技、2Rからは首相撲、多彩なヒジ打ちと、常に試合をリードした小笠原選手ですが、最大の勝因は?

石井:「蹴りの距離で戦い、1R終了時には小笠原が完全に距離を掴んだ印象です。蹴りがよく入れば踏み込みやすいのです。距離を掴んだ小笠原は2Rから倒しに行っています。後半強い宮本が勢いづく前に詰めに行った、小笠原の作戦勝ちです。」

-宮元の敗因はどこにあったんでしょう?

石井:「やはり、序盤動きが止まってしまっていて小笠原に距離を掴ませてしまったのが一番の敗因だと思います。」

-今後小笠原にはどのような試合を期待したいですか?小笠原は那須川天心との試合を望んでいますが。

石井:「KNOCK OUTのコンセプトである、撃つ・蹴る・斬る・を最大限魅せてくれた小笠原は、今後も肘有り5Rの試合を見ていきたいですね。サウスポー同士で那須川と肘の打ち合いを想像するだけで興奮します。」

 

石井宏樹

1979年生まれ。東京都目黒区出身。、元ラジャダムナン・スーパーライト級王者。元新日本キックライト級王者。ムエタイの殿堂ラジャダムナン・スタジアムのベルトを獲得。それまでに同タイトルを獲得した選手が誰一人成し遂げることが出来なかったタイトル防衛を外国人として初めて成功した。引退後は小野寺力が代表を務めるRIKIXにてトレーナーを務め後身の指導に励む。

関連記事
「KNOCK OUT vol.0」全試合結果・イベントレポート

石井宏樹さんが解説!”爆腕”大月晴明vs”切り裂き王子”スターボーイの衝撃決着は如何にして起こったのか!?

KNOCK OUTの次回イベントは、2017年2月12日(日)大田区総合体育館で、「KNOCK OUT vol.1」を開催!チケットは好評発売中です!ぜひ2017年も続く、パンチ、キック、ヒジ、ヒザありルールでの最強を決める戦いを、会場にてご観戦ください!

大会名 「KNOCK OUT vol.1」
日時 2017年2月12日(日)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-1/