異色対決!”ムエタイゴリラ”T-98vs”コスプレファイター”長島☆自演乙☆雄一郎を、元ラジャ王者石井宏樹さんが解説!

お知らせ

異色対決!”ムエタイゴリラ”T-98vs”コスプレファイター”長島☆自演乙☆雄一郎を、元ラジャ王者石井宏樹さんが解説!

KNOCK OUTの解説者を務める、元ラジャダムナン・スタジアム認定スーパーライト級王者、石井宏樹さんが、「KNOCK OUT vol.0」の全試合を分析!第4回は、異色対決となった、ヒジありルールで最高峰のタイトルの1つ、ラジャダムナン・スタジアムのタイトルを現役で保持する、”ムエタイゴリラ”T-98 vs”コスプレファイター”長島☆自演乙☆雄一郎の試合を分析頂きました。

1R

T-98の圧力は体幹の強さを活かしたフィジカルの強さ!

-序盤から距離の遠い所から打ち込むパンチを長島選手(以下敬称略)が見せますが、T-98はパンチを受けても下がらず、中央をがっちりキープ。なぜT-98は攻撃を貰っても下がらないでポジションをキープ出来たんでしょうか?

石井「T-98選手は、屈強な体でガードを固めながら前に出るスタイルです。それに加え、タイにまで行ってタイ人と毎日首相撲の練習をしてきていますので、体幹が強く大きな選手相手にしても下がる事は無いでしょう。」

長島☆自演乙☆雄一郎

-組みの展開での差は1Rから見られましたが、長島はヒジでT-98からカットを奪い出血させます。これは何故当たったんでしょう?

石井「長島は、序盤から左の縦肘を出してきています。肘打ちルールに慣れていない長島は、そうとう練習してきたのでしょう。パンチをしっかりガードできているT-98でしたが、少し頭の振りが足らなかったのでしょう。ガードの隙間から肘をもらってしまいましたね。」

長島☆自演乙☆雄一郎

2R

長島のボディーブローを混ぜたパンチはT-98にヒットしていた

-変わらずプレッシャーを掛けるT-98ですが、長島のパンチがよく当たっている印象です。長島選手といえば当て感がいいと昔から言われる選手ですが、これは何故ヒットするのでしょう?

石井「確かに2R前半は長島のパンチが当たっていますね。蹴りは少ないですが伸びるストレートだけではなく、ボディーブローも散らしていますので、T-98は少し厄介に思ったのではないでしょうか。」

T-98

-しかし、前進を続けるT-98の右ストレートがヒットし、長島はダウン。T-98の至近距離でのストレートは技術的にはどうだったんでしょう?

石井「T-98は、2R中盤から蹴りを多く出しています。そこからパンチが入りやすくなり、長島の左フックにドンピシャに合わせた右ストレートでしたね。体重の乗った良いストレートでした。」

-長島は立ち上がるも、T-98は強烈なパンチで詰め、再びの右ストレートでKO。ボディーブローで距離を作っていたのも良かったんでしょうか?

石井「確かにボディーブローは効果的でした。一回目のダウンの後にセコンドのボディーブローとローキックを出せとの指示をしっかり実行して最後は右ストレートで綺麗に顎を打ち抜いていますね。」

T-98

試合結果 2R KO 勝者 T-98

試合中の冷静さがT-98の強み

-T-98の勝因は?やはりフィジカルの差が形として出た形なんでしょうか?

石井「フィジカルの差もそうですが、T-98の良いところはラジャダムナンスタジアムで防衛した時もそうでしたが、セコンドの指示をしっかり実行できるところです。セコンドの指示をしっかり聞き行動できる選手は強いです。」

T-98

-長島は久々のヒジありルールで、現役ラジャダムナン王者からヒジでカットを奪うサプライズはありましたが、どこが敗因となったんでしょう?

石井「長島は、肘をしっかり練習してきていましたが蹴りが少なくパンチと肘だけになってしまっていましたね。タイの王者にパンチと肘だけで勝つのも至難のわざです。」

石井宏樹

石井宏樹
1979年生まれ。東京都目黒区出身。、元ラジャダムナン・スーパーライト級王者。元新日本キックライト級王者。ムエタイの殿堂ラジャダムナン・スタジアムのベルトを獲得。それまでに同タイトルを獲得した選手が誰一人成し遂げることが出来なかったタイトル防衛を外国人として初めて成功した。引退後は小野寺力が代表を務めるRIKIXにてトレーナーを務め後身の指導に励む。

関連記事
「KNOCK OUT vol.0」全試合結果・イベントレポート
第1試合 大月晴明vsスターボーイ・クワイトーンジムを石井さんが解説!
石井宏樹さんが解説!”爆腕”大月晴明vs”切り裂き王子”スターボーイの衝撃決着は如何にして起こったのか!?
第2試合 宮元啓介vs小笠原瑛作を石井さんが解説!
衝撃KO決着!小笠原瑛作vs宮元啓介を、元ラジャダムナン王者石井宏樹さんが解説!勝負を分けたのは蹴りへの対応?
第3試合 森井洋介vsヨードワンディ・ソーチャナティップを石井さんが解説!
ヒジ打ち一発KO!森井洋介vsヨードワンディを、元ラジャダムナン王者石井宏樹さんが解説!ヒジ打ちはなぜ直撃したのか!?

KNOCK OUTの次回イベントは、2017年2月12日(日)大田区総合体育館で、「KNOCK OUT vol.1」を開催!チケットは好評発売中です!ぜひ2017年も続く、パンチ、キック、ヒジ、ヒザありルールでの最強を決める戦いを、会場にてご観戦ください!

大会名 「KNOCK OUT vol.1」
日時 2017年2月12日(日)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-1/