”KING”梅野源治vsシリモンコンを元ラジャダムナン王者石井宏樹さんが解説!

お知らせ

”KING”梅野源治vsシリモンコンを元ラジャダムナン王者石井宏樹さんが解説!

KNOCK OUTの解説者を務める、元ラジャダムナン・スタジアム認定スーパーライト級王者、石井宏樹さんが、「KNOCK OUT vol.0」の全試合を分析!最終回は、立ち技最高峰のタイトルの一つ、ラジャダムナンスタジアムのライト級王者を保持する”KING”梅野源治vs元ラジャダムナンスタジアム2冠王!万能テクニシャン”Mr.シャットアウト”シリモンコン・PKセンチャイジムの一戦を解説頂きました。

1R

シリモンコンの左フックには怖さがあった

-序盤から梅野選手(以下敬称略)が左右のミドル、奥足へのローキックと、優勢に試合を進めます。シリモンコンは手数は少ないですが、これはまだ様子見なんでしょうか?

石井:「梅野のパンチから蹴りのコンビネーションに対してシリモンコンは様子を見ながら前蹴りや左フック、肘と合わせてる段階のように思います。」

-シリモンコンは梅野のローキックに左フックを合わせて、梅野に尻もちをつかせます。シリモンコンの左フックは怖さがありますね。

石井:「この左フックでタイでも倒してきていますので左フックには自信があるのでしょう。タイミングも良いです。」

2R

-梅野は手でフェイントをかけながらシリモンコンを下がらせ、シリモンコンを後退させます。シリモンコンはプレッシャーを受けて手数がさらに減っているように感じます。

石井:「梅野が更にパンチ、蹴りと手数を増やしシリモンコンを下がらせています。組みの展開でも梅野の方が優勢にコントロールしています。」

梅野の優勢は変わらず

3R

-ここで展開を変えようと蹴りを積極的に放つシリモンコン。ここまでのポイントはどうだったんでしょう?

石井:「これまで梅野は1ポイント、あるいは2ポイント取ってるように思いますね。」

-シリモンコンは梅野のパンチにヒジ。距離が近づくとヒザと試合の展開が変わります。この攻防はどちらが優勢だったんでしょう?

石井:「梅野は、シリモンコンのパンチや蹴りの距離に慣れてきて完全に自分の距離で戦っているので、シリモンコンは梅野に動かされていますね。これまで通り梅野の優勢に変わりはありません。」

4R

-下がりながらの戦いになったシリモンコンに対し、梅野は少し前景し、両腕を前にした構えから回転の速いパンチでコンビネーションをヒットさせます。梅野の構えは独特ですが、これはどういう意図での構えなんでしょうか?

石井:「強くなる為に梅野が行き着いた構えですね。ガードを高く上げて前に出すような構えで距離も取りやすいですし、相手にプレッシャーも与えられます。そして、ガードを高く上げる事により蹴りが出しやすいという利点があります。デメリットとしてはパンチが出しにくいところはありますが、梅野に関してはそれを感じさせません。」

5R

-かなりディフェンシブな戦いになったシリモンコンに対し、梅野は「前に出ろ」とジェスチャーをし倒しにいきます。シリモンコンはもう体が動かなかったんでしょうか?

石井:「シリモンコンは、常に下がってしまっています。攻撃をしても梅野の攻撃に合わせるような形しかないですね。本人もポイントでの差も感じてますし、逆転は不可能と見たのでしょう。ただ、ギャンブルが成立するタイでの試合ではないので最後まで梅野を倒しに行ってほしかったですね。」

試合結果 5R 判定 勝者 梅野源治

駆け引きでも梅野が上回った

-梅野の大差判定勝利となりました。テクニシャンと言われるシリモンコンを崩した、一番のポイントはどこだったんでしょうか?

石井:「一番は、梅野がシリモンコンにやりたい事をやらせなかった事でしょう。個人的に一番楽しみにしていたお互いの駆け引きも梅野が終始優っていました。MR.シャットアウトのお株を完全に梅野が奪ってしまいましたね。」

-シリモンコンの敗因は?なぜ梅野選手にあそこまで攻め込まれてしまったんでしょう?

石井:「序盤から後手になり過ぎてしまいました。シリモンコンは、梅野が疲れてくるのを待っていたのかもしれませんが無尽蔵なスタミナを持つ梅野に透きがありませんでした。」

-来年のKNOCK OUT での梅野にはどんな相手との対戦、どんな試合を期待しましょう?

石井:「究極を目指す梅野は、さらなる強敵が待っているでしょう。ラジャダムナンスタジアムやルンピニースタジアムのトップ選手はもちろん、タイ人以外でも屈強な肉体を持つヨーロッパの強豪選手との試合も見てみたいですね。今後もKNOCK OUTのエースとしてKO勝ちはもちろん、判定でも魅せてくれる試合をしてくれるはずです。梅野の攻防は芸術ですので、今後KNOCK OUTファンの皆様の目が肥えて行くのは必然でしょう。」

石井宏樹

石井宏樹
1979年生まれ。東京都目黒区出身。、元ラジャダムナン・スーパーライト級王者。元新日本キックライト級王者。ムエタイの殿堂ラジャダムナン・スタジアムのベルトを獲得。それまでに同タイトルを獲得した選手が誰一人成し遂げることが出来なかったタイトル防衛を外国人として初めて成功した。引退後は小野寺力が代表を務めるRIKIXにてトレーナーを務め後身の指導に励む。

関連記事
「KNOCK OUT vol.0」全試合結果・イベントレポート
第1試合 大月晴明vsスターボーイ・クワイトーンジム
石井宏樹さんが解説!”爆腕”大月晴明vs”切り裂き王子”スターボーイの衝撃決着は如何にして起こったのか!?
第2試合 宮元啓介vs小笠原瑛作
衝撃KO決着!小笠原瑛作vs宮元啓介を、元ラジャダムナン王者石井宏樹さんが解説!勝負を分けたのは蹴りへの対応?
第3試合 森井洋介vsヨードワンディ・ソーチャナティップ
ヒジ打ち一発KO!森井洋介vsヨードワンディを、元ラジャダムナン王者石井宏樹さんが解説!ヒジ打ちはなぜ直撃したのか!?
第4試合 T-98 vs 長島☆自演乙☆雄一郎
異色対決!”ムエタイゴリラ”T-98vs”コスプレファイター”長島☆自演乙☆雄一郎を、元ラジャ王者石井宏樹さんが解説!
第5試合 那須川天心vsワンチャローン・PKセンチャイジム
衝撃のKO決着!那須川天心vsワンチャローンを、元ラジャ王者石井宏樹さんが解説!バックスピンキック直撃の理由を分析!

KNOCK OUT vol.1

KNOCK OUTの次回イベントは、2017年2月12日(日)大田区総合体育館で、「KNOCK OUT vol.1」を開催!チケットは好評発売中です!ぜひ2017年も続く、パンチ、キック、ヒジ、ヒザありルールでの最強を決める戦いを、会場にてご観戦ください!

大会名 「KNOCK OUT vol.1」
日時 2017年2月12日(日)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館

チケットぴあ
https://goo.gl/uNwlyA
ローソンチケット
https://goo.gl/c8jPvd

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-1/