”神童”那須川天心が元ボクシング世界王者と激突!「KNOCK OUT vol.1」第二弾対戦カード発表会見レポート

お知らせ

”神童”那須川天心が元ボクシング世界王者と激突!「KNOCK OUT vol.1」第二弾対戦カード発表会見レポート

1月6日(金)、都内にて2017年2月12日(日)に、大田区総合体育館で開催いたします「KNOCK OUT vol.1」の第2弾対戦カード発表会見を開催いたしました!

KNOCK OUTの実況を務める村田晴郎さんの司会進行の元、小野寺力プロデューサーが登場!2.12「KNOCK OUT vol.1」の対戦カード発表会見をスタート。

”SPEED ACTOR”小笠原瑛作が、影の軽量級最強候補と激突!

小笠原瑛作vs波賀宙也

2.12「KNOCK OUT vol.1」”SPEED ACTOR”小笠原瑛作vs”ニューウェーブサウスポー”波賀宙也

小笠原「今回はKO決着以外の攻防でも沸かせる」

12月5日に行われた「KNOCK OUT vol.0」にて、多彩なヒジを披露し、最後はハイキックで衝撃のKOを挙げた、小笠原瑛作がKNOCK OUTに連続参戦。強豪外国人選手を相手に連勝を積み重ね、国内屈指の強豪選手と関係者からの評価の高い波賀宙也との対戦が決定!

まず、波賀についての印象を聞かれた小笠原は「波賀選手の名前はこの試合が決まるまで知らなかった。映像を見たんですが、テクニックがあって、ルンピニースタジアムのランカーといった強豪選手にも勝ってるので、実力はあるんだろうなという感じです。」とコメント。

小笠原瑛作

対する波賀は、「小笠原選手はパンチとキックのスピードは勿論、身体全体のスピードが速いんだなという印象です。ただ、自分はテクニックに自信があり、スピードの差があっても対抗できるすべを持っているので、実際に小笠原選手とリングで向かい合ってどうなるのかは凄い楽しみです。」と小笠原のスピードを警戒しつつも、自身のテクニックに自信を覗かせた。

小笠原は今回のゲームプランについては、「今回も当然KO勝利を狙っていきますが、それ以外の攻防やテクニックというところも見せたい。波賀選手はディフェンスが硬くて、倒しづらい選手だと思います。パンチ、キック、ヒジ、ヒザと、すべての攻撃を使って戦いたい。」と、KOという結果以外でも会場を沸かせたと発言。

波賀「打撃を貰うか。僕がディフェンスしてコントロールするかの試合になる。」

波賀は「KNOCK OUTに呼ばれてる中では、僕はKO決着には一番遠い選手だと思います。僕はどちらかというとディフェンシブな選手で、防御には自信があるので、小笠原選手が僕に攻撃を当てるか、僕がしっかりディフェンスして、距離を支配して、試合をコントロールする展開になると思います。」と今回の試合を展望した。

波賀宙也

”野良犬2世”が10連勝を賭け、NKBフェザー級王者と激突!

森井洋介vs村田

2.12「KNOCK OUT vol.1」”野良犬2世”森井洋介vs”逆境スピリット”村田裕俊が決定!

森井「一番凄いKOを見せたい」

「KNOCK OUT vol.0」で”ムエタイ最前線”ヨードワンディー・ニッティサムイを相手に、ヒジ打ち一発での衝撃KOを飾った森井洋介が、10連勝をかけKNOCK OUTに連続参戦。対するは、かつて鬱病にかかり入院するなど苦しんだ時期もあったが、キックボクシングで克服し、王者まで上り詰めた逆境ファイター、村田裕俊との対戦が決定!

会見で村田を前にした森井は「NKBのチャンピオンということで、激しい試合になるんだろうなと思います。今年は全試合KOで、最強の選手と戦っていきたいので、この試合もKOを狙います。見てくれるお客さんに、一番すごい試合だったと言われ、感動してもらえるような試合をしたい」と前戦に続いてのKO宣言。

森井洋介

対する村田は「森井選手は正統派キックボクサーでかっこいいと思います。日本でもこの階級で実力も知名度もトップだと思ってるので、本当にやりたかった相手なので楽しみにしてます。昨年は本当にいい環境で練習が出来ていて、実力が伸びている実感があります。」と森井の実力を認めつつ、大物食いを狙い、静かに闘志を燃やした。

村田「NKBを背負って、これがNKBだぞって試合を見せたい。」

村田は昨年NKBでタイトルを争った髙橋一眞が、9月に行われたKNOCK OUTの初公式戦で、森井にKO負けを喫していることから、「今回はNKBを背負って試合をするつもりです。髙橋選手が森井選手に敗れているということもあって、今回の試合はそのかたき討ちという思いもあります。これがNKBだぞ。という試合を見せたい」と老舗団体の王者としてのプライドも覗かせた。

村田

個性派ファイター同士の異種格闘技戦が勃発!

町田光 DJ.taiki

2.12「KNOCK OUT vol.1」”居合いパンチャー”町田光vs”王国戦士”Dj.taikiが決定!

”居合いパンチ”という異色の必殺技を持ち、袴姿で入場。非常に個性的なキャラクターとしても知られる、町田光がKONOCK OUTに登場!長い手足から繰り出す強力なストライキングで、DREAMやROAD TO UFC JAPANに出場。長年MMAのメジャーシーンで活躍してきたDJ.taikiとの異種格闘技戦が決定!

町田光はDJ.taikiの印象について「変わった選手。王国戦士っていうのはよく理解できてませんが、自分の個性をしっかりと貫いてて非常に好感が持てる選手。普通のキックボクサー同士がリングに上がって、ただキックボクシングの試合をするのは、自分が望んでいる試合ではないので、今回のモチベーションが非常に心配でした。それがDJ.taiki選手との試合になって、非常に嬉しかった。この試合は間違いなく何かが起こる試合なので、凄くワクワクしてます。」とDJ.taikiとの試合についての思いを語った。

町田光

DJ.taikiは海外にトレーニングに行っているため会見を欠席。今回の会見には「なぜ私がMMAではなくキックのリングに上がるのか。それはオファーがあったからです。なぜか国内のMMA団体からオファーがこない僕のうっ憤を、KNOCK OUTで晴らします。最後に、俺には居合いパンチは出せないよ」とメッセージを送った。

対して町田は「この試合がどんな展開になるかの個人的な予想なんですが、彼は昔キックの試合にも出てましたよね。この試合は彼がキックボクシングの試合をして、僕はキックボクシングの試合をしない。そんな試合になると思います。」と難解なコメント。

小野寺プロデューサーは町田のコメントに困惑しながら「DJ.taiki選手は過去にキックボクシングで健太選手に勝利していて、シュートボクシングでも当時王者だった及川選手に勝利するなどの実績があります。今回の町田選手との対戦も非常にワクワクします。」とコメント。

記者から今年の初めに、MMAルールに近い巌流島の試合に出場した経験について聞かれると、「DJ.taiki選手はMMAの選手なので、あの試合の経験が活きる試合になると思います。普段のキックルールと違った、異種格闘技戦に出場した経験が、今回キックボクシングに戻ってきたときに、自分をどれだけリングで自由にしてくれるか。試合でどう自分を表現できるようになっているのか。それが非常に楽しみです。」と、他競技に挑戦した経験が、どこまで自分を変えているのかも見所のひとつとコメント。

”神童”那須川天心が、井岡一翔にも勝利した元ボクシング世界王者と激突!

那須川天心vsアムナット・ルエンロン

2.12「KNOCK OUT vol.1」”神童”那須川天心vs””アムナット・ルエンロンが決定!

昨年の「KNOCK OUT vol.0」で、現役ルンピニー王者ワンチャローン・PKセンチャイジムを相手に、バックスピンキックで衝撃KO勝利を飾った那須川天心。年末にはRIZINに出場しMMAに挑戦。3日の間に2試合という異例のMMAデビューを、KO、1本という衝撃の内容で勝利。進化の止まらない天才がKNOCK OUTに連続参戦。

対するは元ボクシング世界王者。昨年5月の王者陥落までに世界タイトルを5度防衛。日本ボクシング界のエース、井岡一翔に初黒星を知られるアムナット・ルエンロンに決定!世界王者陥落後はアマチュアボクシングに転向し、リオ五輪の最終予選に勝ち抜き、本戦に出場!ボクシングに転向前はムエタイで活躍し、ルンピニースタジアムのベルトを巻いた経験もある危険なベテラン選手。デビューから無敗の快進撃を続ける”神童”を思わぬ難敵を迎え撃つ。

アムナットについての感想は「対戦が決まったときは、ワンチャローンのとき以上に驚きました。井岡選手アムナットが戦った試合もテレビで見ていて、手足が長くて強い選手だなって思ってました。まさか戦うとは思っていませんでしたが。」と予想外の対戦相手だったとコメント。大晦日のMMA挑戦で痛めた腕の状態については「今は痛みもなくまったく問題ない」と語った。

那須川天心

元ボクシング世界王者を相手にどんな試合を見せたいかという記者の質問には、「絶対にパンチで戦ったほうが面白いと思いますので、蹴りも出しますけど、パンチメインで戦ってKOします。ボクシングジムにもトレーニングに行っていて、世界で戦える技術を教わっているので、パンチでも戦える自信があります。」と、世界を制したボクサー相手にパンチでの打ち合いを宣言。

MMAの経験については、「危険への察知能力が高まった。絞め技や投げ技などがあるルールで戦うことで、集中力も上がったし、凄くいい経験値になりました。」とコメント。

アムナットがボクシングで得意としていたクリンチに対しては、「キックボクシングは組まれてもヒザやヒジといった攻撃が出来るので、組まれても嫌がらせして、突き放してから最終的にはパンチでKOしたい。」とアムナットの得意技は問題にしていないと語った。

本日の会見では以上4カードが決定。会見の最後に、「今年は4月からのライト級王座決定トーナメントを企画してます。本日の23:00からはTOKYO MXで毎週金曜日に放送される、KNOCK OUTのレギュラー番組がありますので、こちらも楽しみにしておいてください。TOKYO MXが見られないかたも、インターネット環境下であれば、エムキャスで全国どこからでも視聴できます。ぜひご視聴ください。」と、今年のKNOCK OUTの展望と、本日から放送が開始される、KNOCK OUTのTV番組をアピールし会見を締めくくった。

会見の動画はこちら

2月12日(日)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.1」では、本日発表された4カードの他に、梅野源治vsワンマリオ・ゲーオサムリット。健太vs引藤伸也。不可思vs山口裕人の3カードが決定済み。チケットは各種プレイガイドにて好評発売中です!パンチ、キック、ヒジ、ヒザありルールでの最強を決めるKNOCK OUTの戦いを、ぜひ会場にてご観戦ください!チケットは各種プレイガイドにて好評発売中!

KNOCK OUT vol.1

「KNOCK OUT vol.1」
日時 2017年2月12日(日)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館

チケットぴあ
https://goo.gl/uNwlyA
ローソンチケット
https://goo.gl/c8jPvd

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-1/