”SPEED ACTOR”小笠原瑛作vs”ニューウェーブサウスポー”波賀宙也を石井宏樹さんが振り返り解説!「小笠原の武器はカウンターの縦ヒジ」

お知らせ

”SPEED ACTOR”小笠原瑛作vs”ニューウェーブサウスポー”波賀宙也を石井宏樹さんが振り返り解説!「小笠原の武器はカウンターの縦ヒジ」

KNOCK OUTの解説者を務める、元ラジャダムナン・スタジアム認定スーパーライト級王者、石井宏樹さんが、「KNOCK OUT vol.1」の全試合を分析!第3回は、第2試合”SPEED ACTOR”小笠原瑛作vs”ニューウェーブサウスポー”波賀宙也を振り返り!勝負の決めてはカウンターの縦ヒジ?

小笠原瑛作vs波賀宙也

波賀は序盤に小笠原を動かしての後半勝負を狙っていた

1R

-サウスポー対決となりました。序盤から小笠原選手(以下敬称略)が奥足のローキックを飛ばしていきます。小笠原のローは非常に速く感じます。

石井「お互いにサウスポースタイルの中、小笠原は左右のローキックを上手く使っていますね。奥足へのローキックは、前足へのローキックよりも深く踏み込まなくてはいけないので腰を入れて強く蹴ろうとすると動作が大きくなる為、前に入ってくる波賀に攻撃を合わされやすいので序盤はスピードを重視した蹴り方です。」

小笠原瑛作

-波賀は得意の首相撲を狙っていきます。ヒザはモモと腰の間くらいを狙って打っているように見えますが、組みヒザではこのポイントは狙いどころ?

石井「波賀の膝の打点はしっかり小笠原のお腹に入れています。お腹に膝を入れてから相手に膝を返させないように太ももあたりに膝を置いてブロックするテクニックです。タイでは首の展開で自分の膝蹴りで終わると印象点が高いです。」

View post on imgur.com

-波賀は自分の距離を守って、後半勝負と戦前に語っていましたが、序盤から自分から前に出て戦います。これは小笠原がそうさせたんでしょうか?

石井「小笠原を惑わす為に戦前から駆け引きは始まっていましたね。小笠原も最初からあれだけ入って来るとは思わなかったと思います。スタミナに自信を持つ波賀は、前半小笠原をたくさん動かしてスタミナを奪ってから後半勝負に持って行く作戦だったのでしょう。

-波賀は1R中盤にカットで出血します。これは小笠原のどの攻撃でカットしたんでしょうか?小笠原は前の試合でもヒジで相手からカットを奪っています。

石井「波賀が入って行った所に小笠原のカウンターの左の縦肘で切れましたね。小笠原は、前回の試合から肘のタイミングや距離間を掴んで来ています。」

View post on imgur.com

-小笠原は波賀のミドルを何度もキャッチしています。ミドルキックのキャッチは蹴りが腹に入り効いてしまいそうな感じもありますが。

 

石井「小笠原は、1R中盤から蹴りのスピードに慣れて来てミドルキックや前蹴りを掴み波賀のバランスを崩すケースが増えています。ミドルキックをキャッチする際に少し体を捻って背中部分で受けたり、相手の蹴りの軌道に対して逆側に移動しながらキャッチできると衝撃は抑えられます。キャッチするタイミングを間違えるとキャッチしながら息が止まってしまう恐れもあります。このラウンド、小笠原は上体の捻りや移動はあまり無いですがタイミング良くキャッチしていますね。

View post on imgur.com

2R

小笠原は前後の動きが中心となり、波賀の首相撲に捕まりかけた

-小笠原はサイドへの動きが少ないと、生中継で石井さんは解説していましたが、サイドへの動きが少ないと、どのようなマイナス面があるのでしょう。

石井「2Rに入り更に前に出る波賀に対してスピードで勝負したい小笠原は前後の動きだけだと波賀の首相撲に捕まりやすいので左右に動いて波賀に的を絞らせない方が良いです。」

-波賀は首相撲からヒザを小笠原の腹に何度も叩き込みます。首相撲では波賀が優勢に立ちダメージを与えていたんでしょうか。

石井「小笠原は、このラウンドに入り波賀の首相撲にプレッシャーを感じていますね。首相撲では完全に波賀が優勢に戦っています。この首相撲が更に続いていたら小笠原はかなりスタミナを消耗していたでしょう。」

View post on imgur.com

勝者 小笠原瑛作 2R TKO

小笠原の強みはカウンターのヒジ

-小笠原がKNOCK OUTで2戦続けてのKO勝利となりました。2戦共にヒジの印象が強く残りましたが、小笠原はヒジをどの様に使っているんでしょう。

石井「今回も何度も肘を出していましたが、相手が入って来る時のカウンターの縦肘がとても上手ですね。結果的にこのカウンターで波賀の眉をカットさせました。今後、首相撲の展開から肘が出せるようになるともっとレベルが上がるでしょう!」

小笠原瑛作

-接戦が予想されていた試合でしたが、2Rの早期決着となりました。階級屈指のテクニシャンと言われた波賀の敗因は?

石井「公言通り後半勝負の方が良かったと思います。序盤から前に行き過ぎた分、小笠原のカウンターの肘をもらいやすくなってしまっていましたね。前半、蹴りの距離と首相撲の距離をしっかり使い分けてじっくり小笠原のスタミナを奪ってから前に出て行った方が勝機はあったと思います。」

-逆に今回の試合で小笠原の一番良かった点は?

石井「今となっては肘の選手と言っても過言ではない小笠原選手の肘が今回も光っていました!」

小笠原瑛作

この試合の動画はこちら

関連記事

衝撃のKO決着!”神童”那須川天心vs”第19代IBF世界フライ級王者”アムナットを、石井宏樹さんが振り返り解説!フィニッシュは蹴りのフェイントから!

真っ向勝負の殴り合い!”WONDER BIRD”不可思vs”クレイジーピエロ”山口裕人を石井宏樹さんが振り返り解説!「勝負を分けたのは頭の振り」

石井宏樹

1979年生まれ。東京都目黒区出身。、元ラジャダムナン・スーパーライト級王者。元新日本キックライト級王者。ムエタイの殿堂ラジャダムナン・スタジアムのベルトを獲得。それまでに同タイトルを獲得した選手が誰一人成し遂げることが出来なかったタイトル防衛を外国人として初めて成功した。引退後は小野寺力が代表を務めるRIKIXにてトレーナーを務め後身の指導に励む。

”SPEED ACTOR”小笠原瑛作”の連続参戦が決定!4月1日(土)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.2」。チケットは各種プレイガイドにて好評発売中です!良い席の確保はお早めに!

小笠原瑛作

KNOCK OUT vol.2
日時 2017年4月1日(土)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館
チケットぴあ https://goo.gl/u2IHC0
ローソンチケット https://goo.gl/pDV0qL

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-2/