「森井のフィニッシュの左は攻撃を止めない練習の賜物」石井宏樹さんが森井洋介vs宮越慶二郎を解説!

お知らせ

「森井のフィニッシュの左は攻撃を止めない練習の賜物」石井宏樹さんが森井洋介vs宮越慶二郎を解説!

KNOCK OUT解説者の石井宏樹さんが4.1「KNOCK OUT vol.2」の全試合を振り返り解説!これを読めばより試合を楽しんで見れること間違いなしの恒例のシリーズです!

4.1「KNOCK OUT vol.2」の振り返り解説一発目は、メインで行われた森井洋介vs宮越慶二郎!衝撃の結末の裏にはどのような真実がテクニックがあったのか?ぜひご一読ください!

・石井さんが試合を時系列に振り返り解説
・森井洋介のフィニッシュは練習の積み重ねから生まれたもの
・森井はトーナメントの優勝候補と評価

森井洋介vs宮越慶二郎の試合動画はこちら

石井さんが試合を時系列で分析!

細かいフットワークを駆使。メリットとデメリットとは

-まずは細かいステップワークを使っての立ち上がりになりました。キックボクシングにおいて細かいステップを使うメリットとデメリットを教えてください。

石井「頭を振りながら細かいステップを使う事によってリズムに乗りコンビネーションが出しやすいのと、相手のパンチに対して反応しやすいメリットがあります。逆にデメリットとしては細かいステップにより重心が下がり相手の蹴りに対して足で防御(基本的には相手の蹴りに対して足を上げて膝でブロックする)が遅れてしまいます。」

ガードが甘くなった宮越に、森井は力まずにフックを合わせていた

-森井選手(以下敬称略)がバックスピンキックを宮越の腹に叩き込みます。宮越は笑顔ですが、これは効いていたんでしょうか?

石井「宮越は森井のバックスピンにしっかり反応して、後ろに下がりながら受けていますのでダメージはほとんど無いですね。ただ、この場面でバックスピンを出せる森井の余裕が感じられます。」

View post on imgur.com

-宮越のローキックに対し、森井がワンツーをヒットさせダウンを奪います。このダウンは何故生まれたんでしょう。

石井「森井がローキックに集中しかけた所に宮越がインロー(相手の内股へのローキック)から右のストレートのコンビネーションを出します。その際に宮越の右ストレートの引きが無く、出しっ放しの状態で左手のガードも甘くなってしまっています。その為、森井のパンチの返しに対して反応が完全に遅れてしまっています。森井も重い一発を返したと言うよりもコンビネーションで返した中での右のパンチがタイミング良く宮越の顎に当たりましたね。」

View post on imgur.com

ダウン後に宮越はスタイルをチェンジしたが、森井はその動きにも即対応していた

-ダウンから立ち上がった宮越は、サウスポーにスイッチします。これはどういう狙いだったんでしょう。

石井「宮越はダウンからの立ち上がりに焦りは無く、森井の突進に対して前蹴りで森井を止めています。ここからの組み立てを意識して動いていたように思います。森井をリズムに乗せず、的を絞らせない為に選択したスタイルでしょう。」

-終盤に森井の強烈な左フックが宮越を捉えて2度目のダウンを奪います。

石井「このダウンを奪う前に森井は、左足を引いて左の蹴りを出すフェイントを使っています。これに対して宮越はインローが来ると思い前足を引く防御に入り、そこから左フックを打ちに行った所に森井の左フックが先にドンピシャで当たりました。1Rという早い段階で森井選手は宮越の動きに慣れてきていますね。」

View post on imgur.com

2R開始すぐに森井の左フックが炸裂。攻撃を止めない練習の結果が出た

-2R開始からプレッシャーを掛けた森井が、右ストレートから、サウスポーにスイッチしての左フックで衝撃のKO勝利をあげました。かなり衝撃的な結果でしたが、技術的には難しい打ち方?

石井「サウスポーにスイッチしたと言うよりも右のストレートを打った後の流れで右足(森井の後ろ足)が前に来てしまったのでしょう。そこで攻撃を止めず左のパンチを繋いだ森井の巧さが光りました。サンドバッグで攻撃を止めない練習が体に染み込んでいるのがわかります。」

View post on imgur.com

森井が2Rに衝撃のKO勝利。石井さんが試合を総括

-森井が見事なKO勝利を挙げました。関係者の間では宮越が有利という声が、試合前にはありましたが、森井勝利の最大の要因は?

「森井は、早い段階で宮越の動きに慣れてパンチの距離間を掴み始めました。左右に動く宮越に対して即座に反応して追撃しています。宮越も動きながら攻撃を出したかったのですが、距離を掴んだ森井が手数で勝っていましたね。練習でのイメージ通りに動けていたのではないでしょうか。」

-逆に優勝候補の本命と名前が挙がることの多かった宮越が一回戦で敗れてしまった敗因は?

石井「手数が多い森井に対して目が良い宮越は、上体だけで避けようとする場面が多くガードが甘かったですね。1度目のダウン後にもう少しガードを意識して後半勝負に持って行ければ良かったと思います。」

-宮越を相手に衝撃のKO勝利を挙げた森井が、今回のトーナメントの本命に躍り出たと考えてもいいのでしょうか?

石井「今回の試合でかなりのインパクトを与えた森井は、優勝候補と言っても過言ではないです。この試合を見ていたトーナメント出場選手他6名の選手達は、更に気合いが入りモチベーションも上がった事でしょう!負けたら終わるトーナメント、これからが本当に楽しみです。」

試合の見方が変わる石井宏樹さんの試合分析シリーズ。次回は4.1「KNOCK OUT vol.2」の不可思vs水落洋祐を振り返ります。こちらもぜひお楽しみに!

 

森井洋介が圧巻のKO勝利をあげて開幕したKING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメント!1回戦ほか3試合が行われる6.17「KNOCK OUT vol.3」のチケットは、各種プレイガイドにて好評発売中です!いい席の確保はお早めに!

KNOCK OUT vol.3

KNOCK OUT vol.3
日時 2017年6月17日(土)
開場16:00 開始17:00
会場 TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ https://goo.gl/DwcK1r
ローソンチケット https://goo.gl/YLFmw8

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-3/