石井宏樹さんが石井一成vs矢島直弥を分析!「石井は絶妙な距離感の良さで多彩な攻撃を放っていた」

お知らせ

石井宏樹さんが石井一成vs矢島直弥を分析!「石井は絶妙な距離感の良さで多彩な攻撃を放っていた」

KNOCK OUT解説者の石井宏樹さんが4.1「KNOCK OUT vol.2」の全試合を振り返り解説!これを読めばより試合を楽しんで見れること間違いなしの恒例のシリーズです!

今回は第2試合で行われた石井一成vs矢島直弥を石井さんが解説!西の神童がKNOCK OUTに衝撃デビューを飾った試合にはどのような攻防があったのか!?

・石井さんが時系列で試合を分析
・石井一成の多彩な攻撃を支える距離感の良さ
・リング外での立ち振る舞いにスター性を感じた

石井一成vs矢島直弥の試合動画

石井さんが時系列で試合を分析

-石井選手(以下敬称略)のローキックが序盤から矢島を捉えます。石井は如何にして矢島にローキックをヒットさせているのでしょう?

石井「パンチ主体の矢島に対して、石井はフットワークを使いジャブと前蹴りで自分の距離を保ちながら素早いローキックを放っています。矢島はパンチが先行になっていますので重心が下がってる分足を上げづらく、石井の蹴りに対してのカット(膝で相手の蹴りをブロック)が遅れています。」

View post on imgur.com

-矢島は距離のあるところからでも、若干大ぶりなパンチを放っていきます。このパンチの狙いはなんでしょう?

石井「少し距離にやりづらさを感じる矢島は、遠い距離からでも強引に大振りのパンチを振って行き当たればいつでもラッシュを仕掛けられるチャンスを狙っていますね。」

石井の多彩なコンビネーションを支える距離の取り方

-2Rに入り石井の瞬発力のあるパンチが矢島を捉えます。このラウンドからパンチを狙うように判断した理由はなんでしょう?

石井「石井は、1Rで距離を掴み2Rから仕留めるつもりで前に出ています。パンチだけではなく、しっかりローキックで下に意識させてから上にパンチやハイキックを打っていますね。2Rに入り動きが止まった矢島に攻撃をしながら相手を良く見てカウンターを貰わないように出入りを上手く使いパンチや肘で倒しに行っています。」

View post on imgur.com

-ラウンド終盤には石井の強烈なヒジ打ちが矢島の顔面を捉えます。石井はかなりの攻撃の打ち分けを行いますが、ここまで攻撃手段を多く持てる要因は?

石井「多彩なコンビネーションを出せるのは、常に自分が攻撃しやすい距離を意識して動いているからです。どんなに技を多く持っていても距離を間違えていたら攻撃は当たりません!石井は、攻撃をしながらも相手が前に来れば自分から引いて更に攻撃を返しています。練習の時から常に相手をイメージして動いている証拠です!」

矢島の気持ちの強さは光っていた

-3Rに入り、このラウンドでも矢島は石井の攻撃を貰いますが、正面から打ち合いにいきます。持前の強さのいい面と悪い面が出てしまったようにも思いますが。

石井「これまで石井の優勢な試合運びに矢島は、突破口を見いだす為に持ち前の気持ちの強さで更に前に出ますが、蹴りの数が少なく大振りのパンチが目立ちました。石井は打ち合わずパンチの防御を意識して冷静に動きながら、チャンスがあれば詰めに行く準備ができています。」

View post on imgur.com

-ラウンド終了間際に石井のヒジが矢島のアゴを捉えたところで、解説席からはアゴの骨が折れたのではという声がありました。これは試合をしていて音でわかるものなんでしょうか?

石井「解説席まで凄い音が聞こえて来ました。肘が当たっただけでは、あのような音は聞こえて来ません。それは、もらった本人が一番良くわかっていると思います。あそこで最後まで立っていた矢島のプロ根性を感じました!」

View post on imgur.com

3R終了後に矢島サイドからタオルが入り、石井一成がTKO勝利!

石井の試合後の立ち振る舞いにもスター性を感じた

-噂の西の神童が鮮烈なKNOCK OUTデビューを飾りましたが、この試合で最も光った点は?

石井「多彩な技ももちろんそうですが、今回の石井の光っていた部分は試合後の挨拶やリングを降りてからの立ち居振る舞いが素晴らしかったです。とても、スター性を感じましたね。」

-矢島は持ち前の気の強さとアグレッシブさを発揮した試合を見せましたが、石井を捉えることは出来ませんでした。敗因はどこにあったんでしょう?

石井「やはり、蹴りの数が少なくパンチ一辺倒になってしまった所でしょう!蹴りの多いタイでの試合が豊富な石井にとっては、とてもやりやすかったのではないでしょうか。」

-TKO勝利を飾った石井について、今後(石井さんが)、どのような将来を期待していますか?

石井「まずは、世界のベルトを獲得して近い将来KNOCK OUTを背負うぐらいの逸材になってもらいたいですね。今後がとても楽しみな選手です。これからのさらなる飛躍に期待しています。」

 

KNOCK OUTの次回大会は6月17日(土)TOKYO DOME CITY HALLで開催の「KNOCK OUT vol.3」。チケットは好評発売中です!迫力の闘いをぜひ会場でご観戦ください!

KNOCK OUT vol.3

KNOCK OUT vol.3
日時 2017年6月17日(土)
開場16:00 開始17:00
会場 TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ https://goo.gl/DwcK1r
ローソンチケット https://goo.gl/YLFmw8

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-3/