「サウスポーの放つ奥足へのローキックは効きやすい」石井宏樹さんが小笠原瑛作vsビョン・ソンジを解説!

お知らせ

「サウスポーの放つ奥足へのローキックは効きやすい」石井宏樹さんが小笠原瑛作vsビョン・ソンジを解説!

KNOCK OUT解説者の石井宏樹さんが4.1「KNOCK OUT vol.2」の全試合を振り返り解説!これを読めばより試合を楽しんで見れること間違いなしの恒例のシリーズです!

今回は第3試合の小笠原瑛作vsビョン・ソンジを解説!圧勝劇に終わった試合で、特に光った小笠原の武器とは!?ぜひご一読ください!

・石井さんが時系列で試合を分析
・サウスポーのローキックは効きやすい
・ビョンは心が折れていた?

小笠原瑛作 vs ビョン・ソンギの試合動画はこちら

 

石井さんが時系列で試合を分析

-ビョン選手(以下敬称略)は試合開始から蹴りを主体に闘いますが、小笠原は気にせず圧力をかけて前に出ます。直前に対戦相手が変わり、事前情報があまりないにもかかわらず小笠原が1Rから攻めることが出来る要因は?

石井「事前情報が無くても相手を倒す為に毎日やって来た事に変わりはありません。小笠原のレベルになれば、その時の状況でどのように動かなければいけないのかを練習でのスパーリングなので培って来ていますので、どんな相手でも自分のスタイルで戦う姿勢に変わりは無いでしょう。」

-小笠原はビョンのパンチに対しヒジでカウンターを合わせます。パンチのカウンターとヒジのカウンターを狙う際に違いなどはあるのでしょうか?

石井「最近の小笠原は、カウンターの肘がとても上手ですね。カウンターを打つ際に肘の方がコンパクトに出せますし、自分のガードにも繋がりますので安全に打てます。カウンターで大きくパンチを振ってしまうと先に相手のパンチをくらってしまう可能性がありますので、相手の踏み込みに肘を合わせられるととても怖い武器になります。」

View post on imgur.com

サウスポーから貰う奥足へのローは効きやすい

-奥足への小笠原のローキックがヒットし、ビョンは効いたとい表情で後退します。なぜ1Rの早い段階でローが効いてしまったんでしょう?

石井「小笠原は、ビョン選手の太ももの痛い部分をピンポイントで狙っていますね。右利きの選手は、普段から右利きの人との練習や試合が多い為、右足(後ろ足)にローキックをもらい慣れていない事が多いです。小笠原の左構えからスピードに乗った奥足へのローキックに反応が遅れて防御が出来ていなかったので1Rという早い段階で効いてしまったのでしょう。」

View post on imgur.com

-追い込まれたビョンは小笠原のフックを貰い力なくダウンします。試合を見ていたジャッジに後で話を聞くと、「ビョンは試合を続けたくなくてセコンドを見たけど、セコンドが目を逸らして試合を続行させた」
と言っていました。ビョンの心は折れていましたが、セコンドはどう判断していたんでしょう。

石井「確かにビョンは、心が折れてしまっていたかもしれません。それでも、根性で立ったのは褒めてあげたいですね。ビョンとセコンドとの信頼関係がどれだけあったかはわかりませんが、セコンドとしては最後までやらせてあげたかったのでしょう。しかし、ビョンが止めてくれと思っていたのに目を逸らして続行させていたのならセコンドとしてやってはいけない事ですね。選手を守る仕事でもあるセコンドは選手の表情を良く見てその場の状況で判断していかなければいけません!」

View post on imgur.com

-直ぐに小笠原がローキックを叩き込みKO勝利します。効いてしまったローキックは試合中には回復しない?

石井「インターバル中に氷でのアイシングやマッサージなどで、ある程度の誤魔化しは効きますが、一度効いてしまったら試合中に回復させるのはなかなか難しいですね。もし効いてしまっても気合いと根性で立ち続けるのが一流の選手です!」

View post on imgur.com

小笠原がローキックを叩き込みKO勝利

-実力差が出てしまい少し一方的な試合となってしまいましたが、この試合で小笠原が最も良かった点は?

石井「カウンターの肘のタイミングも良かったですし、パンチからローキックの繋ぎも教科書通りでしたね。ビョンが足を嫌がっているのは小笠原もわかっている中、ローキックばかりではなくハイキックなども使って練習して来た事を試してるかのような動きで常に圧倒した小笠原でした。1Rできっちり倒す所が流石ですね。」

-小笠原はマイクアピールで「僕の階級でトーナメントを開催して欲しい」とアピールしていました。石井さんは小笠原に今後どのような試合を期待していますか?

石井「トーナメントも決まればとても面白いですね。肘打ちのレベルが上がっている小笠原にはトップクラスのタイ人との試合もやってもらいたいです。今後、誰と戦っても小笠原らしく暴れてもらって、熱望している那須川天心戦の実現に向けて勝ち続けてもらいです!」

KNOCK OUTの次回大会は6月17日(土)TOKYO DOME CITY HALLで開催の「KNOCK OUT vol.3」。チケットは好評発売中です!迫力の闘いをぜひ会場でご観戦ください!

KNOCK OUT vol.3

KNOCK OUT vol.3
日時 2017年6月17日(土)
開場16:00 開始17:00
会場 TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ https://goo.gl/DwcK1r
ローソンチケット https://goo.gl/YLFmw8

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-3/