見えない力  ー 運命を変えられた男 ー 森井洋介

お知らせ

見えない力 ー 運命を変えられた男 ー 森井洋介

KNOCKOUTによって運命を変えられた男がいる。

この1年で以前と比べると想像すらできないほど大きな声援を受け、
見る者を魅了してやまないKOを量産する者がいる。

全日本スーパーフェザー級王者の森井洋介、29歳。
昨年9月14日、旗揚げ記者会見で組まれたVS高橋一眞戦から始まり、
森井は本戦に唯一レギュラー参戦している。通算戦績は7戦6勝(6KO)1分。
大会名を象徴するかのように、KO率は85%を超す。その活躍はMr.KNOCKOUTと呼んでも差し支えあるまい。

森井も自分を取り巻く環境は激変したことを痛感する。
「昔は声をかけてくる人は男ばかりだったけど、最近は女性と半々くらい。
個人的には、いい傾向だと思いますね(照れ笑い)」

 

地上波に映るキックボクシングと映らないそれはそれほど違いがあるのか。
高度成長期、キックボクシングは″マッハのスポーツ″と呼ばれ、地上波の花形スポーツだった。
ピーク時にはフジテレビを除く民放全局が週1回のレギュラー番組を放送していたほどだ。
地上波で放送されるということは、コアなファンだけではなく、その周辺の少しだけ興味を抱いている層にもその熱が届くことを意味する。
数年前、森井の師のひとり藤原敏男を連れて門前仲町にある行きつけの小料理屋の暖簾を潜った時のことだ。
そこの大将は藤原さんの顔を見るなり、すぐ「昔、テレビで見ていました」と歓待してくれた。
70年代、藤原の試合は東京12チャンネル(現・テレビ東京)で定期放送されていた。

先のブームから半世紀近くの歳月が経った。大会をプロモートする団体は増えたが、
長らく地上波でレギュラー放送されることはなかった。世間に届かなければ、どんな激闘を繰り広げても評価されることは少ない。

森井も、どんな好勝負を繰り広げてもコアなファンにしか評価されないという悶々とした日々を送っていた。
しかし、KNOCKOUTに参戦以来状況は徐々に変化していく。
それはTOKYO MXを皮切りに、神奈川、岐阜、滋賀、和歌山の地上波と
全国放送のBS11でレギュラー放送されていることと無関係であるまい(17年11月現在)。
森井は長野県上田市出身。
地元の友人知人もBS11やエムキャス(TOKYO MXをアプリを通じて視聴するシステム)を通じてKNOCKOUTを視聴しているという。

「自分の評価が上がっているかどうかはわからないけど、
やっぱり応援してくれるファンはメッチャ増えたと思いますね。おかげでモチベーションも高くなりました」

 

舞台は整った。それに見合う活躍ができるようになったのは、
ジムの先輩である″野良犬″小林聡の指導を受けるようになったことが大きい。
兄弟子との二人三脚は、2014年5月、所属ジムである藤原ジム(当時)の自主興行『藤原祭り』でルンペットというタイ人と闘った時から始まった。
「それから状況は一気に変わりました。それまでやってきた練習はいまの10分の2だと思いました」

 

──具体的にいうと何が違う?

 

「練習量も違えば、その内容も違う」
藤原ジムの練習は独特だ。サンドバックを相手に掛け声とともにひたすら打ちまくり蹴りまくる。
その際選手たちとテンションは異常に高く、サンドバックが次の対戦相手であるかのように左右上下に動きながら我を忘れて攻撃を加え続ける。
その様はまさに阿鼻叫喚。前衛芸術集団のパフォーマンスを見ているような錯覚に陥る。
そのことを告げると、森井は苦笑いを浮かべながら頷いた。

「いまだ(藤原ジムが入った雑居ビルの)エレベーターを上がっていく時にああいう声が聞こえたら、いつも怖くなる。本当に怖い」

365日の中で週6回続けている練習ながら慣れはない。
ただ、同じ練習をしていても、森井のように伸びる者もいれば、伸び悩む者もいる。
あの練習をやっているだけでも、ある程度は強くなれますよねと振ると、森井はあれだけやっていても全然強くなれないと否定した。
「強くなれるか、なれないか。その違いは何をイメージしながら練習しているかだと思います。
ああいう練習もそうだけど、その中でも考えていくことが必要だと思う。
狂ったようなところだけがクローズアップされがちだけど、そうではない」

 

以前、なぜ狂気じみた練習をするのかを指導する藤原に聞いたことがある。その答えはヒザを叩くものだった。
「ムチャクチャにやっているように見えても、そういう動きを繰り返しているうちに自分の身体の使い方を覚えることかできるようになる。
だから無駄に見えるように見えても決して無駄ではないんだ」
藤原の話を告げると、森井はそうだと思いますと言いながらもう一度大きく頷いた。
「試合では使わない動きをなぜやっているのか。それが藤原先生からのメッセージなんだと思います」
藤原から直接指導を受け、当時いまよりももっと狭き門だったムエタイの二大スタジアム認定の現役王者(ボクシングに例えると、WBAやWBCの世界王者に匹敵する)をKOで下した小林の指導の基本もサンドバックだ。
普通に見たら、それは試合用という感じではない。森井は、相手がこう来たらこう返そう。
そういうのはあまりイメージしていないと話し始めた。
「自分の本能が最優先。何にでも対応できるように。少なくとも僕はそういう意識でやっています」

 

小林の指導は度が超えていると思えるほど厳しい。
選手に浴びせるゲキそのものに狂気が宿っている。
そこまでしないと強くなれないことがわかっているから小林はそうするのだが、そのせいだろうか。
いまや小林の指導を受けるのは森井と新人の旭野ミノルしかいなくなってしまった。
「相性もあると思いますけど」と前置きしたうえで、森井は言葉を続けた。
「練習中は自分の殻を破るような追い込み方をするように務めています。
どうしても人間なので、そのつど弱いところが出てくる。そこを小林さんが指摘してくれる。
ずっと見ているから僕が自分で追い込めているかどうかがわかるのでしょう。
追い込めていないと、『いけ!』という号令とともにさらに身体を動かさせられる」

プロボクシングには″ソリッドパンチャー″という異名を持つ者がいる。
スナップとバネを効かせた「キレる」パンチを打てる選手という意味だ。
この言葉を借りるなら、現在の森井はまさに″ソリッドキックボクサー″ではないか。
以前と比べると、明らかにパンチもキックも切れ味が増していると水を向けると、
森井は満足そうな微笑を浮かべながらずっとやりこんでいるからと切り出した。
「やっていて疲れるんですけど、疲れても思い切り打てる。何もかもレベルが上がったと思います」

KNOCKOUTで森井が結果を出し続けたマッチメーク。その多くはかつて何かと比較されることが多かった梅野源治と対比される顔合わせが多かった。
「○△を相手に梅野はこういう結果を出した。だったら森井は○△と激突してどうなるか」というシミュレーションレースだ。
例えば、昨年12月の『KNOCKOUT.vol0』で闘ったヨーペット・ニッティサムイは6カ月前に渋谷で梅野が引き分けた強豪タイ人だった。
今年6月に闘ったワンマリオ・ゲォサムリットは4カ月前に梅野が判定で撃破したタイ在住のスペイン人だった。
見ている方にとってはたまらないマッチメークだったが、森井は本当に癪(しゃく)だったと振り返る。
「ワンマリオと闘う大会にはロートレックも来るという話を聞いたので、ロートレックと闘いたいという希望を出したけど叶わなかった。
ワンマリオとの対戦が決まってめっちゃ悔しかったですよ。『意味がないじゃん』とも思いました。
たぶん(梅野が勝った相手とやることに対する)プレッシャーがあったんでしょうね」

 

ファンや主催者が求めているものは梅野以上の試合内容であることを森井はイヤというほどわかっていた。
しかし、それは当事者にとってはフラストレーション以外なにものでもない。ここで結果を残すかどうかで周囲の評価は違ってくる。
森井は鬱憤を晴らすかのようにワンマリオのボディを攻め立てて豪快なKO勝ちを収めた。
一方、ヨーペット戦の時には「強いタイ人と闘いたい」というリクエストを出していたので、
「梅野と引き分けたタイ人」というレッテルはちょうど良かった。
「ヨーペットとはいずれ闘うことになるだろうと思っていました。引き分けってどうなのかなと思っていたので、これはいいやと思いました」
果たして結果はローキックを効かせ、カウンターの右ヒジ打ちで森井のKO勝ち。
6試合中5試合がKOで決まり「神がかっている」とさえいわれた事実上の旗揚げ戦で森井は自分の存在価値をアピールした。
9月の高橋一眞戦はプロローグで、森井はこの一戦から世間に評価されたといっていい。(続編に続く)

(取材・構成 布施鋼治)

 

 

布施鋼治

1963年7月25日、札幌市出身。得意分野は格闘技。中でもアマチュアレスリング、ムエタイ(キックボクシング)、MMAへの造詣が深い。取材対象に対してはヒット・アンド・アウェイを繰り返す手法で、学生時代から執筆活動を続けている。Numberでは’90年代半ばからSCORE CARDを連載中。2008年7月に上梓した「吉田沙保里 119連勝の方程式」(新潮社)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。他の著書に「なぜ日本の女子レスリングは強くなったのか 吉田沙保里と伊調馨」(双葉社)「東京12チャンネル運動部の情熱」(集英社)、「格闘技絶対王者列伝」(宝島社)などがある。

「KING OF KNOCK OUT 2017 in両国」

◆日時
2017年12月10日(日) 開場13:00 開始15:00

両国国技館(http://www.sumo.or.jp/Kokugikan/

◆アクセス
〒130-0015 東京都墨田区横綱1丁目3-28
JR総武線 両国駅西口下車 徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 両国駅下車 徒歩5分

◆入場料金(消費税込み)
砂かぶり席(椅子席)     ¥20,000 ※完売
アリーナA(桝席)     ¥12,000
アリーナB(桝席)      ¥8,000 ※完売
アリーナC(桝席)      ¥7,000 ※完売
2階スタンドA(椅子席)  ¥7,000  ※完売
2階スタンドB(椅子席)  ¥5,000
2階スタンドC(椅子席)  ¥3,000
小中高生          ¥2,000 ※当日のみ/要身分証
※当日券は各1000円アップ

◆チケット発売所

チケットぴあ    0570-02-9999(Pコード)
https://goo.gl/2HE3CP
ぴあカウンター、セブンイレブン各店、サークルKサンクス各店、ファミリーマート各店