「KNOCK OUT vol.0」第二弾対戦カード発表記者会見レポート

レポート

「KNOCK OUT vol.0」第二弾対戦カード発表記者会見レポート

12月5日TDCホールで開催します「KNOCK OUT vol.0」の第二弾対戦カード発表記者会見を実施致しました。

17:00に司会進行の村田晴郎さんと小野寺プロデューサーによる挨拶から開始。既に発表しております「KNOCK OUT vol.0」で対戦する”ムエタイゴリラ”T-98と”コスプレファイター”長島☆自演乙☆雄一郎の試合前会見を行いました。

T-98vs長島☆自演乙☆雄一郎

小野寺プロデューサーによるカードの見どころ

「K-1MAXをずっと引っ張って盛り上げてきた長島選手と、ラジャダムナンスタジアム王者のT-98選手。2人のキャリアを考えると、絶対に交わることのない、KNOCK OUTだから実現できた対戦カードです。この2人がリングで向かい合うということだけで既にワクワクしてます。」

T-98VS長島☆自演乙☆雄一郎

T-98の挑発も、自演乙は余裕?

マイクを握ったT-98は「長島選手は見た目あんなんですが、K-1MAXのチャンピオンだったり強い選手だと思います。でも、自分のほうが実力があるし、今の自演乙選手は昔のような強さがないので、KOで勝ちます。」と挑発。

T-98

それを受けた自演乙は「どうも、見た目こんなんの自演乙です。新しい舞台に挑戦できることにテンションが上がっていて、新しい自分を見せれるのではないかとワクワクしてます。」とコメント。長島は久々のヒジありルールの試合に対しても「カットして出血しちゃった後、服に血がついちゃったら衣装がもったいないな。」と余裕を見せた。しかし、質疑応答で記者から今日のコスプレのキャラクター名を聞かれると、「ど忘れしちゃって名前が出てこないです」とコメントし、小野寺プロデューサーから「ちょっと試合で頭打たれすぎてない?」と突っ込みが入り、会場に集まった記者の笑いを誘った。

長島☆自演乙☆雄一郎

 

続いて小野寺プロデューサーより、「KNOCK OUT Vor0」第二弾対戦カードとしして、宮元啓介vs工藤政英、森井洋介vsヨードワンディ・ニッティサムイと、梅野源治のメインイベントへの出場が発表され、会見に出席した梅野源治と森井洋介が意気込みを語った。

宮元啓介 vs 工藤政英

宮元啓介vs工藤政英

森井洋介vsヨードワンディ・ニッティサムイ

森井洋介vsヨードワンディー

「KNOCK OUT vol.0」対戦カード第二弾!森井洋介vsヨードワンディ・ニッティサムイ、宮元啓介vs工藤政英が決定!

 

森井洋介「相手が強豪でも絶対に倒しにいく」

森井洋介

6月のNO KICK NO LIFEで梅野源治を苦しめドローに追い込んだヨードワンディとの対戦が決まった森井洋介は「ヨードワンディはガードも上手いし、攻撃も強いし、気持ちも強い。そんな選手とやれることに凄くわくわくしています。キックボクシングはKOすることだと思っていて、相手が強豪のタイ人選手であっても絶対に倒してやるという気持ちで倒しに行きます。」と力強くコメント。

梅野源治「KOでメインの大役を果たす」

梅野源治

「KNOCK OUT vol.0」のメインイベントは梅野源治に決定!

「KNOCK OUT vol.0」のメインイベントへの登場が決まった梅野源治は「みんなの期待のに応える試合を見せて、きっちりノックアウトという形で、メインの大役を果たしたい」とコメント。10月23日にREBELS46で行われるラジャダムナンスタジアム認定タイトル挑戦については、「ずっと目標にしていたベルトだったので、ここでしっかりとベルトを巻いて、12月のKNOCK OUTでキックボクシングの凄さをみなさんに表現したいと思います。」と語った。

 

続いて弊社代表の花澤が登場。10月1日(土)に販売が始まる「KNOCK OUT vol.0」のチケット概要についての発表を行いました。

KNOCK OUT

12月5日「KNOCK OUT vol.0」のチケットを旗揚げを記念した特別価格で販売!

KNOCK OUT vol0 チケット価格

「KNOCK OUT vol.0」大会チケットを特別価格で販売!

花澤「すでに料金はwebサイトに掲載しておりましたが、少しでも多くのお客様にキックボクシングというもの、そしてKNOCK OUTとはどういうものか見て頂きたいという思いで、今回のチケットの金額を大幅に下げました。キックボクシングを愛する人たちが創り上げるそれを伝える大会になると思いますので、ぜひ会場でご覧ください」

司会進行の村田さんの「大会の全容が明らかになってきた今の心境は?」という質問には「全てを振り切ってこれだけに賭けてるという感じです。選手、関係者の皆さまもキックボクシングというものを、なんとしても表に出したい。これで食べていきたいという思いを感じます。私もその気持ちは同じです」と花澤。小野寺プロデューサーも「キックボクシングを一人でも多くの方に認知していただき、選手にスポットが当たる舞台を作るというのは1ミリもぶれずに全力で進めています。我々も本気で取り組んでいますので、このビッグプロジェクトが公になり皆さんが目にすることになる12月5日をぜひご期待下さい」というコメントで続き、本日の会見を締めた。

KNOCKOUT ノックアウト

会見の模様はこちらから

KNOCK OUT vol.0 12月5日(月)会場18:00 開始19:00
会場:TOKYO CITY HALL
チケット販売日 10月1日(土)10:00
イベント詳細
http://www.knockout.co.jp/event/161205/