KING OF KNOCK OUT初代ライト級王者決定トーナメント組み合わせ発表会見レポート

レポート

KING OF KNOCK OUT初代ライト級王者決定トーナメント組み合わせ発表会見レポート

4月1日(土)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.2」。6月17日(土)TOKYO DOME CITY HALLで開催の「KNOCK OUT vol.3」にて、1回戦が行われる、KING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメント。本日、3月21日(火)大田区産業プラザPIOにて組み合わせ発表会見を開催。

・KING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメントの組み合わせが決定!
・宮越「このメンバーなら僕が圧倒的な差を見せて優勝出来る。」各選手がトーナメントの意気込みを表明!
・「つまらないKINGをどかして、自分がKNOCK OUTの象徴となる存在となる。」不可思が梅野源治を挑発

会見はKNOCK OUT Facebookページにて生中継いたしました。

開始すぐにトーナメント出場8選手が、対戦カードの発表と共に登場!対戦カードが決定した選手が、会見場中央で対面し火花を散らした。

決定した対戦カードはこちら

KING OF KNOCK OUT初代ライト級王座ライト級王座決定トーナメント1回戦

森井洋介 vs 宮越慶二郎
町田光 vs DJ.taiki
山口侑馬 vs 前口太尊
不可思 vs 勝次

KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント1回戦の組み合わせが決定!

最高のメンバーが揃ったトーナメント

遂に組み合わせが決定したライト級トーナメントについて、マッチメークを組んだ小野寺プロデューサーは「ヒジありルールのライト級トーナメントとして、今考えられる最高のメンバーを組めたと思う」と自信のコメント。「誰が優勝するかわからない。出場選手全員にチャンスがある、ワクワクするトーナメントです。」とトーナメントの展望を語った。

 

続いてトーナメントの意気込みを出場選手がそれぞれコメント。

不可思「ライト級なので体重的に最初は出るつもりはなかったが、出場しないかという打診を受け、フィジカルコーチと相談して、パフォーマンスを落とさずに体重を作れると判断して出場を決めた。面白い選手が集まっているライト級で優勝すれば、自分に注目が集まると思うので、全員KOでぶっ飛ばします。」

勝次「今回オファーがあって受けました。しっかり自分の試合をして、結果を出すだけです。」

不可思vs勝次

森井洋介「トップクラスの、日本一を決めるに相応しいメンバーが揃ったと思う。しっかり4月の試合に勝って、僕がトーナメントで優勝します。」

宮越慶二郎「今日出場メンバーを知ったんですけど、このメンバーなら僕が圧倒的な差を見せて優勝出来ると感じました。4月1日の試合もしっかりと勝ちます」

森井洋介vs宮越慶二郎

町田光「僕は格闘技で世界を変えられると信じています。だけどもう先は限られています。このトーナメントは本当にラストチャンスなので、最高の試合をしようと思っています。すべてを懸けてこのトーナメントに挑みます。」

DJ.taiki「前回の試合を怪我で欠場してしまったので、今回の試合は2試合分の価値のある試合をしようと思っています。今回のトーナメントに向けて、オリジナルの技も考えてきたので、1回戦から出し惜しみせず自分の持つすべてを出して戦う。期待していてください。」

前口太尊「僕はこのメンバーの中では一番面白い試合が出来ると思うし、一番強いと思っているので、まずは1回戦で山口選手をノックアウトしようと思っています。」

山口侑馬「トーナメントで僕が一番若くて、肩書も知名度も一番ないと思うんですけど、決勝まで3人を倒して、僕が優勝したいと思います。」

山口侑馬vs前口太尊

続いて記者から対戦相手の印象を問われると、不可思は「全く問題ない相手。勝次選手は一回戦で終わりです。」と挑発。対して勝次は不快感を露わにすると「やってきたことが違うので結果で答えます。」と返答。早くもピリピリした雰囲気をみせた。

不可思vs勝次

続いて、2月の山口侑馬戦でKO負けを喫し、一時はトーナメント出場がなくなったところからの電撃復帰となった町田がDJについてコメント。「DJ選手は世の中に対しての反骨心があり、人間力の高い選手で対戦が楽しみ」とべた褒め。対しでDJは「町田選手は打ち合っているところを見ると、普通のキックボクサーといった試合をしている。それはMMAファイターには相性のいい闘い方だと思うので、そこで削られないように気を付けます。」と、町田の前に出るスタイルを警戒した。

町田光vsDJ.taiki

山口との対戦が決定した前口は、「ガンガン前に出てくる選手なので、僕との試合は99%KO決着になると思います。1回戦4カードの中で一番盛り上がるカード。」とKO決着を宣言。山口も「警戒するところはパンチ。当てられる前に当てて、KOで倒して僕も映画に出たいですね。」と、昨年「新宿スワンⅡ」に出演した前口をKOしての、スクリーンデビューを希望した。

前口太尊vs山口侑馬

不可思が梅野源治を挑発!

今回のトーナメントが自身にとってどのようなものと捉えているか、という記者の質問に対しては、不可思は「このトーナメントに優勝して、自分を中心にKNOCK  OUTが動いているという存在になりたい。今KINGって呼ばれてつまらない選手がいますけど、その人にどいて貰わないとKNOCK OUTが盛り上がらないので、どかないなら自分がどかして、自分がKNOCK OUTのKINGになります。」と、トーナメントに出場していない梅野源治を挑発。

不可思

町田は「このトーナメントで優勝するほうが梅野源治と試合するより価値があると思います。でも、僕は優勝して梅野源治を倒します。」とコメント。山口は「優勝したら梅野選手と闘うみたいな空気になってますけど、僕はホンモノの強さとか興味がなくて、ただ有名になってテレビとか映画に出たい。なので、見ているところが違う梅野選手には別に興味ないです。」と、それぞれ梅野を意識した発言が続いた。

それに対し、梅野と同門である前口は「梅野選手とは一緒に練習もしていて、世界のトップのところで闘っていて、より高みを目指しているのを知っている。目指しているところを最短距離で狙うんなら、日本人相手のトーナメントに出る必要はないんじゃないって声をかけました。周りは優勝した選手が梅野選手と闘うんじゃないかと言っていますが、気にしなくていいんじゃないか。」と梅野に対しての思いを語った。

前口太尊

会見の最後は、小野寺プロデューサーが「本当に最高のメンバーが揃いました。凄い試合が連発するだろうとワクワクしてます。優勝者はそれに相応しいものを用意するつもりですので、そこは選手の皆さんも期待してください。そしてファンのみなさんも、素晴らしい試合が行われる4月1日の大会でお待ちしております。そして、6月、8月と続いていきますので、そちらもご期待ください。」と試合の内容について自信のコメント。

トーナメントのベルトについては「現在制作中です。ブシロードグループが制作するものなので、新日本プロレスのIWGPベルトのような、本当に価値のあるものを用意いたしますので、もう暫くお待ちください。」と会見を締めた。

KNOCK OUT ライト級トーナメント

”野良犬2世”森井洋介vs”NINJA SOLDIER”宮越慶二郎が行われる、「KNOCK OUT vol.2」は4月1日(土)大田区総合体育館で開催!

KNOCK OUT vol.2

KNOCK OUT vol.2
日時 2017年4月1日(土)
開場16:00 開始17:00
会場 大田区総合体育館
チケットぴあ https://goo.gl/u2IHC0
ローソンチケット https://goo.gl/pDV0qL

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-2/

 

トーナメント1回戦の他3試合が行われる、「KNOCK OUT vol.3」は6月17日(土)TOKYO DOME CITY HALLで開催!チケットは共に、各種プレイガイドにて好評発売中です!KNOCK OUT初の王者を決めるトーナメントを、ぜひ会場でご観戦ください!

KNOCK OUT

KNOCK OUT vol.3
日時 2017年6月17日(土)
開場16:00 開始17:00
会場 TOKYO DOME CITY HALL

チケットぴあ https://goo.gl/DwcK1r
ローソンチケット https://goo.gl/YLFmw8

イベント概要
http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-3/