KNOCK OUT vol.2 二夜明け会見レポート

レポート

KNOCK OUT vol.2 二夜明け会見レポート

4月3日(月)都内にて、4月1日(土)大田区総合体育館にて開催いたしました、「KNOCK OUT vol.2」の二夜明け会見を開催いたしました。

KNOCK OUTで実況を務める、村田晴郎さんが司会進行を担当。14:00より会見がスタート。

まずは小野寺プロデューサーがイベントを総括。

小野寺プロデューサー「集客は1,700人。第1回、第2回から数字が落ち込んだことは大きな反省点。しかし、試合内容は変わらずの激戦続き。選手に助けられたように感じてます。」と、全6試合中5試合がKO決着となったイベントを振り返った。

続いて激闘を繰り広げた選手が登場!まずは、第1試合で勝利した不可思。第3試合で勝利した小笠原瑛作が登場。

トーナメントで優勝する自信がある。まず1回戦の勝次をノックアウトする

不可思

名勝負製造機として知られる水落洋祐を相手に、激闘を繰り広げて4RにTKO勝利を飾った不可思は「内容は全然ダメでしたね。水落選手の打ち合いにのってしまった。途中から少しずつ修正出来たとは思うんですけど、お客さんから見てもダメな試合だし、自分も納得できない。結果だけが良かった試合です。」と試合を振り返った。

新日本キックボクシング王者、勝次との対戦が決まっている6月17日のライト級王座決定トーナメント1回戦については、「期間は短いですけど、今のパフォーマンスを保ったまま出来ると思うし、(階級を落としての参戦で)身体の大きさは有利。次の勝次との試合も全く問題ないと思う。勝次選手は問題ない相手なのでノックアウトで勝てるだろうし。」と強気の不可思。

優勝候補対決と言われた宮越戦を、圧巻のKO勝利で飾った森井については、「僕も森井選手は優勝候補だと思っていて決勝で対戦することになると思う。宮越選手にあの勝ち方を出来るのはすごい。でも僕はトーナメントで優勝する自信がある。ブロックを勝ち上がるうえで、ファンが森井と不可思どっちが強いんだって状況を作れるような状況を作りたい。」と決意を固めた。

55㎏でのトーナメント開催を要求!

小笠原瑛作

続いて急遽代役出場となった韓国人のホープを瞬殺KO。KNOCK OUT 3連続KOを飾った小笠原瑛作は、「急遽の代役出場を受けてくれたことは感謝しますが、自分とはレベルの違う選手だった。マイクでもいいましたが、自分の階級でトーナメントを開催して欲しい。今までやっていない江幡選手や志朗選手とやりたい。ファンの人はそれが見たいと思うんですよ。」とまだ対戦経験のない国内の強豪との対戦を要求。

目標として見据える那須川天心戦については、「天心が倒せなかった外国人選手(フレッド。コルデイロ)とか、天心が戦っている相手とやりたい。そこで僕がKOで倒したら天心に近づいているということになると思うので。」と、那須川を意識したマッチメークを希望。

記者からトーナメントが開催された場合、那須川は出場するのか?という質問が小野寺プロデューサーに飛ぶと、「もちろん出て欲しいですけど、彼は飛びぬけた存在なので実現できるのであれば交渉していきたい。彼はキックボクシング界も飛びぬけた存在なので。」と小野寺プロデューサーは含みを持たせたコメントを残した。

 

今回の試合では僕が弱くて、ロートレックが強かった。ただ、再戦は絶対に勝てる

梅野源治

続き、世界最高峰の強豪!ロートレックとの対戦で惜敗した梅野源治が登場!

右手を包帯で吊って登場した梅野は「右の上腕二頭筋が断裂。医師からは3週間はあまり動かさないでくれと言われており、5月に予定されているラジャダムナンの防衛戦は延期しなければいけないかもしれない。左の鼓膜も破れている。」と、ロートレックとの激戦が伺えるケガの状況についてコメント。

ロートレックと闘った感想としては、「身体が強く、一発が重い。想定通りの強さだった。相手のセコンドも僕のことを研究していて、1R、2Rは奥足のローキックが当たっているのはわかっていたが、芯からは外されている気がした。ほかの攻撃をもっと狙えば良かったがローキックにこだわってしまった。」と試合を振り返った。

試合途中から腕が動かなかったというケガの影響については、「この時間にこの試合をするのは契約で決まっているので、単純にあの試合での僕のすべてを出した。あの時点で僕が弱くてロートレックが強かった結果。ただそれだけの結果とコメント。」

再戦を希望するかという質問には、「直ぐにでもやりたい。次にKNOCK OUTに参戦するときでも、年内でもいつでもいい。次にやれば絶対に勝てる自信がある。」と力強いコメントで再起を誓った。

KNOCK OUTに相応しい試合を見せれた

森井洋介

そして、メインイベントで行われたKING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメント1回戦。優勝候補対決と評された宮越慶二郎を相手に、衝撃のKO勝利を挙げた森井洋介が登場!

試合を終えた感想として、「KNOCK OUTのメインを任されて、初めてKNOCK OUTのメインにふさわしい試合をお客さんに見せられて良かった。」と自信のコメント。

拳を交えた宮越慶二郎との対戦については、「宮越選手はKNOCK OUT仕様にスタイルを変えてきて、お互いが倒しに行ったからあの試合が生まれた。宮越選手とは、憧れているスタイルが似ていて、闘ってみて楽しさがあった。このトーナメントを優勝して、また宮越選手と闘いたい気持ちもある。」と、この試合への思い入れの強さを感じるコメントを残した。

試合後に行ったマイクアピールについては、「興奮していて何を言ったのか覚えていない。」とコメント。小野寺プロデューサーからは、「マイクはちょっと勉強しようか」と突っ込みが入り、会見場の笑いを誘っていた。

T-98が動物対決に出陣!

T-98

そして、6月17日(土)TOKYO DOME CITY HALLで開催の「KNOCK OUT vol.3」で”琉球タイガー”廣虎との対戦が決定した、”ムエタイゴリラ”T-98が登場!

まずは半年振りのKNOCK OUT参戦と対戦相手の印象については、「ようやく来たなって感じです。相手は虎って名前はかっこいいんですけど、写真を見たら僕よりゴリラっぽいじゃないですか。顔でいったら相手のほうがゴリラだと思うんですよね。野性味溢れる試合になると思いますよ。」と動物園対決に偽りなしのコメント。

記者から「選手としての相手の印象をお願いします。」という最もな質問が飛ぶと、「元ボクサーなのでパンチは上手いのかなってくらいの印象です。まあ、でも負けちゃいけないレベルの相手だと思うので、次もノックアウトで勝つだろうと思います。」と眼中にはないと強気。

試合までの予定については、「3、4、5、6月と連戦。5月はタイでラジャダムナンの防衛戦が決まっている。僕は試合が続けば調子がどんどん上がっていくタイプなので、4、5月と調子を上げて、絶好調の状態でKNOCK OUTのリングに上がりたい。」とコメント。

自然界ではゴリラの天敵はネコ科の大型動物という話については、「自然界のゴリラは虎よりも弱いかもしれませんが、僕はムエタイゴリラ。ムエタイゴリラは虎より強いので、ゴリラ界を背負って闘います。」と誇りを懸けた宣言を行った。

会見の最後に、小野寺プロデューサーからKNOCK OUTの新たなイベント!「ROAD TO KNOCK OUT」の開催が5月10日(水)渋谷TSUTAYAO-EASTにての開催が発表!

宮元啓介

このイベントはTOKYO MXやBS11で放送中のレギュラー番組、キックボクシング「KNOCK OUT!」の公開収録が行われる。また、KNOCK OUTに参戦中の選手が集まりサイン会が開催される他、今後のKNOCK OUTについての発表、ワンマッチ数試合が行われるなど、すべてがKNOCK OUT本戦につながら形式で開催される。

本日の会見中に、KNOCK OUT初の女子マッチ、田嶋はるvs小林愛三。16歳にしてタイを主戦場に大活躍中の茂木俊介が、ベテランの中尾満に挑む一戦や、KNOCK OUT vol.0に出場した宮元啓介の参戦が決定!

さらに、外国人としてラジャダムナン王座を初めて防衛した伝説のキックボクサー、石井宏樹と、”神童”那須川天心のエキシビジョンマッチも決定!

5月10日(水)渋谷TSUTAYAO-EASTにて「ROAD TO KNOCK OUT.1」の開催が決定!

KNOCK OUT

このイベントについて小野寺プロデューサーは、「今開催しているKNOCK OUTの選手や負けてしまった選手であったり、女子の試合を実験的に組んでみたり、若手選手が出場したり。ここで活躍した選手が本戦に出場する。KNOCK OUTに出るというイベントです。」と説明。

「現在本戦のほうには出ていないけど、輝くなにかを持っている選手。面白い選手に、ここから這い上がって本戦のほうに出てきてほしい。」と今後の展望を語った。