レポート

【プロフェッショナルシスト・健太】自分自身が最高に酔える場所を見つけた。2.12「KNOCK OUTFIRST IMPACT」

 

昨年はいろいろなことに挑戦していましたが、きっかけを教えてください。

1番は職業キックボクサー・職業格闘家なのでいろんなところでチャンスがあれば試合をしていくという感じですね。

 

健太選手にとってのキックボクシングとは。

僕にとってのキックボクシング……

これ以上ない自己陶酔を与えてくれる場所ですね。

 

キックをやっている自分に酔える。

やっぱり酔えないときもありますし、いかに酔えるかというところで。普通の日常の生活を送っていると嬉しいこととか悲しいこととかありますけど、この世界を知っちゃうと大したことないですね。やっぱキックで勝ちたい試合で勝ったときとかめちゃくちゃ自分に酔えますし、うれし涙も悔し涙も流したこともありますし。

でもキック以外の人生でうれし涙も悔し涙も流したことはない!……と言ったら嘘になりますが、ほとんどない。

 

ナルシスト心を満足させられるものなんですね。そんな中でキャリアを重ねてきた中でこれからのキック人生の目標はありますか?

そこはすごく抽象的で僕も思い悩んでいたところではあるんですけど。

正直モチベーションの継続ですね。

酔いたくてしょうがないんですけど、果たしてどうしたら俺は酔えるのかと日々哲学していたんです。そんな中で誕生したKNOCK OUT。そしてスーパーライト級トーナメント。これは参戦するしかないと。

あのベルトだ、あのベルトを巻いたとき俺は最高に自己陶酔できると。ありがとうKNOCK OUT。そういう感じです。

 

ここに最高のエクスタシーがあるっていうことですか。

はい。

 

今まで最高のエクスタシーを感じられた瞬間を教えてください。

具体的にいうと、ファンの延長で格闘技をはじめまして。

昔、ゴールデン民放で格闘技がやっていた時代、K-1MAX。そのころ出ていた佐藤嘉洋選手。

その選手に挑戦者として、対戦相手として、リング上で会えて、そして勝った時ですね、最後に泣いたのは。

あれは5年前なんですけど、それをもう一回味わいたくてしょうがない。

さまよい続けるプロフェッショナルシスト……なんです。今は。

 

 

この魂をどうしてくれようっていう。

8.19(ハッテンイチキュウ)、見つけた。

最高に酔える場所を、僕は見つけました。それで過酷な減量があろうとも僕は参戦することに決めました。

 

並々ならぬ決意を感じるんですけど、今回は切れてる身体を崩してでもこのトーナメントに参加するということですか?

そこも葛藤があったんですけど、仕上げる気になれば64kgすごい仕上がるんですよ、やり方よっては。

体脂肪3%のパリッパリな状態のビルダーのコンテストに出てる人とかって影とかに行くとクラクラみたい。あんな状態なので、見せるだけとKNOCK OUT3分5R15分間戦うのと全部両立できないので、勝利を優先して。という感じです。

 

今回出場する7人の選手をみてどう思いましたか?

みんな強いと思ってるんですけど、どうしてもやりたかった7人。というわけではないんですよ。

そこは見つけたといったにもかかわらずもうブレてるかもしれないんですけど。

果たしてあの7人が俺を酔わしてくれるのかと。そこも期待しつつ。その時を迎えてみないとわからない、という感じです。

 

不可思選手は酔わしてくれる相手なのではないでしょうか。

追い詰めてくれよ!って感じですね。

強豪であればあるほど、特に不可思選手はKNOCK OUTにほぼレギュラー参戦して盛り上げてた選手なので、それに買ったら気持ちいだろうなって思いますし。

どの程度酔えるか楽しみにしています。

 

再び激闘の中に入っていく戦前の気持ちはどういうものですか?

4月1日に戦ってからKNOCK OUTのリングから離れていたんですけど、何もしてなかったわけではないと。

あれから僕は8試合を重ね、海外にもわたったこともあったり、タイトルマッチしたこともあったり、異種格闘技戦もしたこともありました。

一回りも大きくなって強くなって帰ってきたんで、1年前の俺とは違うぞというところを見せたいなと思ってます。

 

肌の色もだいぶ変わってきましたしね。

はい、真っ白になりました。

永久脱毛のために日焼けを中止したんですけど、禁断症状を乗り越えると焼かないメリットの大きさに気づいてでして。今更ながら。

今まで週2回くらい焼いて、試合前とかラスト10回とか追い込んでたんですけど、時間から解放されまして。時間と常に火照った疲れ。逆にすごいコンディションで迎えるっていう。

いいこと尽くめでした(笑)

何だったんだ!あの11年間、褐色のナルシストの11年間なんだったんだって!(笑)

今は調整が楽になりましてですね。

疲れて帰ったらすぐ寝るっていう。疲れて帰ってきて今までは更に日焼けサロンで紫外線浴びで、また目が覚めちゃうっていうかんじだったんですけど。今は快眠ですね。


(日焼けサロンで紫外線を浴びてる様子を再現する健太選手)

 

より強い健太選手が観られるってことですね。

最強です、健太史上最強。

今までは健太の強さが黒いベールに覆われてたんです。1年以上たってついに健太完全体が2.12(ニーテンイチニー)に姿を現すと。

僕もそれを楽しみにしています。いったいどうなってしまうのか。

健太完全体(笑)戸愚呂みたいな(笑)

 

不可思選手も結構焼いてますよね。

僕の褐色のナルシスト時代に比べると甘いですけど、まあちょっと焼いてるのかな?って感じですね。

中途半端ですね、白黒はっきりつけろって思いますね。

曖昧さを好むって、日本人かよ!って感じすけど。

 

不可思選手、日本人とタイ人のハーフですよ(笑)

それをちょっと知ってて言ったんですけど(笑)

僕が曖昧でしたね(笑)すみません(笑)

 

不可思選手ですが、選手としてどうですか?

いいですね~ギラギラしてていいですね~

絶対ドSですよね、もう試合にドS感が出てる。顔にも出てる、そういう人相になってる。

ドS、ギラギラ、オラオラ。もうオラオラの試合で、ああいうの嫌いじゃないんですけどね。

ああいう選手を屈服させたとき、めっちゃ気持ちいと思いますね。

それはみんなが求めてるんじゃないんですかね。

僕の周りの人もまだ不可思選手との試合が決まる前から、「不可思選手とやってくれ!」というリクエストが多くてですね。

不可思選手とやって絶対勝ってくれ!っていう、世の中のワイドショー・週刊誌が盛り上がるのと同じで。

ああいう選手が挫折するところが観たいんですよね、プライドの高い選手が挫折するを見たいと思うので、任せろって思いますね。

2.12(ニーテンイチニー)、天心・不可思負けるところみんなみたいんじゃないんですか?

 

天心もですか(笑)

いつ負けてくれるんだっていう(笑)

何だろう、こういうのってなんていうんでしたっけ?(笑)

 

僻んでる感じですか(笑)

あ、僻みですね!(笑)見つかりました、嫉妬心です(笑)

プロフェッショ…嫉妬エスト…

プロフェッショナル嫉妬エスト健太(笑)

 

めちゃくちゃ嫌な人ですね(笑)

大丈夫です、格闘家そんなんばっかです。

さらけ出してるだけ僕のほうが正直ですよ(笑)

みんな隠してるんですよ、ベールに(笑)

 

不可思選手との試合はどんな感じになると思いますか。

ガンガン来るのでやりやすいと思うんですよね。

ただそれでも気にしない気持ちの強さ、そこにはあっぱれですけどただそれが仇となることもあるよってところを教えてあげようかなってところです。

 

不可思攻略のヒントとかありましたら教えてください。

僕がヒントを出すまでもなく、見てる人はわかると思うので。

試合内容で見せます。

 

かっこよくてギラギラした不可思選手が倒れる瞬間は見られそうですか?

そこ、みんな見たいでしょ?僕じゃないですよ!(笑)

僕がその仕事をやってあげます!(笑)

今回のトーナメントでここを見てほしいところなどありましたらお願いします。

誇り高き、イケメンギラギラ男。

挫折する瞬間をみなさんどうぞ2.12(ニーテンイチニー)大田区総合体育館、ご覧ください!

 

ポーズ変わったんですか(笑)

これナルシスポーズ2です(笑)

 

2月12日楽しみにしています(笑)

 

プロフェッショナルシスト

健太
Kenta
所属:E.S.G
1987年6月26日生  群馬県出身  O型
身長173cm  ウェルター級
66戦45勝(14KO)17敗4分
WBCムエタイ日本ウェルター級王者
初代Krush -70kg王者
NJKFスーパーウェルター級王者
NJKFウェルター級王者

KNOCK OUT FIRST IMPACT

KNOCK OUT FIRST IMPACT

◆日 時  2018年2月12日(月・祝)  開場16:00  開始17:00
◆会 場  大田区総合体育館
◆アクセス 〒144-0031 東京都大田区東蒲田1−11−1 TEL:03-5480-6688

京急線、梅屋敷駅徒歩5分
京急蒲田駅徒歩7分
JR線・東急線、蒲田駅徒歩15分

◆主 催  株式会社キックスロード
◆協 力  株式会社RIKIX 株式会社ブシロード
◆入場料金(消費税込み)
アリーナS :25,000円(当日25,500円)
アリーナA:15,000円(当日15,500円)完売!
アリーナB:10,000円(当日10,500円) 完売!
1FスタンドA:8,000円(当日8,500円)
2FスタンドB:7,000円(当日7,500円)
2FスタンドC:5,000円(当日5,500円)
小中高(当日のみ)2,000円(当日のみ)
2017年12月11日(月)11:00~12月18日(月)11:00までチケットぴあにて先行受付※特典付き
2017年12月23日(土)より一般販売開始

◆チケット発売所
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 837-812)

<専用URL>
http://w.pia.jp/t/knockout-fi/

ぴあカウンター、サークルKサンクス各店、セブンイレブン各店

後楽園ホール5階事務所     03-5800-9999

天心 スアキム

キル・ビー

宮越VS重森

 

■KING OF KNOCK OUT 初代スーパーライト級トーナメント1回戦■